ホーム
バックナンバー
ウェブ連載「巻頭言」
ウェブアーカイブ New
政経東北速報解説版 毎月2回(1・15日)発行
続・事件屋 竹内陽一氏の仮面を剥ぐ
月刊政経東北
政経東北速報解説版
ご挨拶/会社概要
株式会社東邦出版
福島県福島市南矢野目鼓原1-2
TEL:024-554-6101(代表)
FAX:024-554-6103
Email:info@seikeitohoku.com
バックナンバー
1989年(平成元年)のバックナンバー

平成元年12月号
・衆議院の定数是正が急浮上
・国民生活白書にみる「理想」
・新「連合」がスタート
・前代未聞の「種モミ誤配事件」
・ブラジル福島県人会が醜い争い
・博士山のブナ林伐採計画を検証
・県人口が史上初の二百十万人台
平成年11月号
・解散必至で臨戦態勢の各陣営
・戦後歴代『知事秘書』の経歴
・はまなす国体で惨敗の県選手団
・いわき市民が「大議論」を展開
・「丹下左膳の碑」で地域活性化
・「人手不足倒産」が急増
・福島県のイメージカラーは!?
平成年10月号
・目立つ佐藤知事の狎治資金
・ウラン騒動に関与の竹内陽一サン
・摺上川支流に産業廃棄物処理場
・縁の下の力持ち「町内会」「区」
・特集=青木郡山市政の研究
・人気を呼ぶ『投資信託』
平成年9月号
・解散必至で臨戦態勢の各陣営
・今井白河市長5カ月目の評判
・地盤沈下が進む郡山の商業界
・吾妻山麓リゾート構想を検証
・「景観形成条例」がスタート
・「災害に弱い福島県」の現実
・中学生死亡事故と三春町の驕り
・幼女連続殺人事件の「背景」
平成年8月号
・参院選で自民党が「大敗」
・競い合う『ふるさと創生資金』
・尾瀬の入場料問題を考える
・異業種交流で活気づく中小企業
・県議会の空洞化に歯止めを!
・農業研修か、花嫁候補か
平成年7月号
・「人事」に介入した主流派県議
・石原と会田で決まりの参院選
・津野会頭誕生の「内部事情」
・県『情報公開条例』がスタート
・深刻化する自治体のゴミ処理
・雲行きがおかしい相馬火葬場建設
・いわき「孤独死事件」の背後
平成年6月号
・「伊東フィーバー」が沈着化
・地方財政白書にみる自治体財政
・亀岡高夫衆議院議員が残したもの
・川口勝弘・八大産業社長の正体
・「会津っぽ」伊東正義の素顔
・県民所得188万円、全国第30位
・原町火発環境アセスメント
・尾瀬分水問題に「終止符」を
平成年5月号
・「竹下後継」に伊東正義氏が最有力
・全国の市町村が「四週六休」
・パッとしない福島県のイメージ
・期限切れの過疎地域振興特別法
・大学入試合格ランキング
・首長選総括(白河市・郡山市)
・県内スキー場の「収支決算」
・市政90周年を迎える会津若松市
平成年4月号
・亀岡高夫衆議院議員が急死
・活力を失う『自民党政治』
・「バッハ町長」が宮城県知事に
・「県立会津大学」構想を検証 
・福島県のそこがきらい!?
・いわき市の商業界を展望する
・「連合」発足で揺れる労働界
・「遊び」を知らない子供たち
・ブラジルに生きる日系移民群像
平成年3月号
・「佐藤色」を打ち出した県人事
・景気のいい話題が多い県予算
・第三セクターの問題点をさぐる
・故障続きの「原子力発電」
・「福島医大移転費」に群がった業者
・福島市活性化のキーワード
・死者42名―労災事故の実態
・郡山市長選をめぐる戦いの構図
平成年2月号
・宮城県知事選を展望する
・イトーヨーカ堂が県南に進出!
・宙に浮いた「高山スキー場」
・「ふるさと創生資金」の波紋
・福島県沖に[地震の巣]
・日本の歪んだ[嫁不足]解消策
・『北上夜曲』に東北の心をみる
・「毒饅頭」を食べた福島医大教授たち
平成年1月号
・世代交代期を迎えた県政界
・「意外に強い」青木郡山市長
・団塊世代を直撃の年金制度改正
・続発する産業廃棄物の不法投棄
・「登校拒否」の実態と対策
・福島駅前B極銘篭莖発の現状
・福島医大を踏み台にする教員たち
・無投票が増えている首長選挙
・自然を利用した奥会津の活性化
・相双は南東北のエアポケットか
<1990年