ホーム
バックナンバー
ウェブ連載「巻頭言」
ウェブアーカイブ New
政経東北速報解説版 毎月2回(1・15日)発行
続・事件屋 竹内陽一氏の仮面を剥ぐ
月刊政経東北
政経東北速報解説版
ご挨拶/会社概要
株式会社東邦出版
福島県福島市南矢野目鼓原1-2
TEL:024-554-6101(代表)
FAX:024-554-6103
Email:info@seikeitohoku.com
バックナンバー
2017年(平成29年)のバックナンバー

平成29年 12月号

政経東北12月号
  • 相馬農高飯舘校「村立化」に強い違和感
    見いだせない学校存続の意義
  • 3年遅れで動き始めた中間貯蔵施設
    現地取材で見えた現状と課題
  • 対照的な動き見せる福島市佐原二つのメガソーラー
    外資参入で稼働は実現するか
  • 復興再生計画認定大熊・双葉の共通点と相違点
    再生に向けて動き出した帰還困難区域の"本丸"
  • 原発賠償を「二度拒否」された郡山市の事業者
    直接交渉で明らかになった東電の対応ミス
  • 増え続ける「太陽光発電」の倒産
    それでも絶えない設置計画
  • もう1つの待機児童問題「学童保育」
    "民間頼み"から抜け出せない福島市
  • 県内に広まる新しい防災訓練
    「避難体験」から「地図で課題共有」へ
  • 会津医療センターに不信感抱く男性
    説明無しに処方された薬で体調悪化

平成29年 11月号

政経東北11月号
  • 町政懇談会で見えた双葉町民の思い
    イメージしにくい「5年後の姿」
  • 仮設住宅終了でやむなく帰村した川内村民
    「人」より「地域」を優先させた原発事故後の県内行政
  • 全国下位に低迷する県民の健康状態
    急性心筋梗塞死亡率は男女ともワースト1位
  • かすむ復興庁の存在
    "寄せ集め"組織の弊害
  • 県立校に浮上した不祥事隠蔽疑惑
    処分を免れた!?県教委の幹部候補教員
  • 職員をパワハラ退職させた岩瀬福祉会
    課題を見て見ぬ振りする"天下り理事長"
  • ジュピアランドひらた・駐車場拡張が招く不安要素
    懸念される過疎債依存体質
  • 大都市圏との格差広がる平均年収
    民間とかけ離れた公務員の給与設定
  • 工場跡地に潜む土壌汚染リスク
    会津若松市のヨークベニマル開発地から有害物質検出

平成29年 10月号

政経東北10月号
  • バイオマス発電計画で揺れる田村市大越町
    「環境不安」「地域振興にならない」と反対者多数
  • 海から見る原発事故
    市民海洋調査「うみラボ」を体験
  • 原発避難町村 学校再開の「厳しい現実」
    低就学率で囁かれる自治体消滅危機
  • 非現実的な帰還困難区域への帰還
    双葉町「復興再生計画」を検証
  • 「東電改革議論」案の定な結末
    救済策の極め付きは原発再稼働
  • 伊達市長選「候補者乱立」の背景
    事業完了を見届けたくて引退撤回した仁志田氏
  • 動き出した喜多方市長選
    現職の動向を注視する遠藤県議と伊藤元市議会議長
  • 中合二番館跡地利活用の行方
    再びまちづくりに動き出した佐藤勝三氏
  • 郡山市が違法建築物に「移転補償」の是非
    大町土地区画整理事業の"副産物"

平成29年 9月号

政経東北9月号
  • 建物解体工事で不当な"上納金"要求
    反社勢力が介在する安藤ハザマの現場
  • 楢葉町「避難解除2年」の現実
    大きな転機となる来年3月の仮設住宅終了
  • ため池除染で優遇された!? 特定業者
    囁かれる利権と足の引っ張り合い
  • 悪循環にもがく南相馬市の事業所
    未だ改善されない売上減と労働力不足
  • 大規模医師調査で見えた理想と現実
    20代の6割は地方勤務を希望!?
  • 原発賠償「未定項目」のその後
    農畜産業と公共財物に新たな動き
  • いわき病院神経内科医の"許し難い暴走"
    難病患者に理由なき診療拒否
  • 残土処理場で濁り水流出騒動
    "無断設置"した行政に住民が不信感
  • 政党機関紙「役所内勧誘」の実態
    県内自治体を調査

平成29年 8月号

政経東北8月号
  • 現実味増す!?二本松市元職の"復権"
    世論無視の定数維持に固執する議会
  • 直接請求を否決した矢吹町議会の不見識
    住民団体の次なる目標は「町長解職請求」
  • 南会津町三セク社長がわずか2カ月で退任
    来春町長選を見据えた関係者の思惑
  • 西会津町長選山口町政回帰で勝利した薄氏
    支持離れ招いた現職の"グレーな選挙戦略"
  • 混迷極める福島市長選
    現職の脆弱支持基盤に付け込む両新人
  • データで振り返る25年福島市長選
    中京大准教授が有権者の投票動向を調査
  • 猪苗代議員「カネ絡み」の2つの疑惑
    本誌に届いた告発投書を検証
  • 本誌が勝手に選ぶ高校野球応援大賞
    いわき光洋「タイガーラグ」の衝撃
  • 指定廃棄物処分場で対応分かれた2行政区
    住民同士の軋轢を生む事態に発展

平成29年 7月号

政経東北7月号
  • 県内42高校「進学大学一覧」
    実績向上の鍵を握る学習習慣の徹底
  • 営業損害ADRに臨んだ会社社長が怒りの証言
    東電の論調は「もう十分に払ったでしょ」
  • 原発賠償打ち切りの実態と対抗策
    渡辺淑彦弁護士に聞く
  • ゼロ賠償に苦しめられた郡山市の事業者
    東電の理不尽対応に憤る関係者
  • 補助金を不適切受給していた「大印」の評判
    7年前に取り沙汰された"疑惑"
  • 異常な運営が横行する東北福祉大学
    松山英樹の「恩師」阿部監督の"私利私欲"
  • 県内で急増する風力発電事業
    県主導で阿武隈山系に集積
  • 政党機関紙「役所内勧誘」の是非
    須賀川市議会で問題提起
  • 福島市マンションで管理組合トラブル勃発
    元理事長に浮上した2つの"横領疑惑"

平成29年 6月号

政経東北6月号
  • 浪江町隠滅された廃材不法投棄
    工事費"ピンハネ"に苦しむ業者が告発
  • 復興需要で"身軽"になった建設業界の先行き
    県の「建設業振興プラン」を検証
  • 会津・女子高生自殺調査報告書の全容
    背景に教員の怠慢と「ことなかれ主義」
  • 大学合格リポート伸び悩む難関大合格者数
    英語教育調査で見えた本県教員の"甘え"
  • 悪評が収まらない室井会津若松市長
    市政に影響与える"3人の取り巻き"
  • 富岡町3・11を語る会の取り組み
    避難指示解除でツアー需要が急増
  • 矢吹町でハコモノ行政反対運動
    妨害工作を画策した野崎町長陣営
  • 3カ月前なのに大勢決した!?いわき市長選
    自民党総支部が「現職推薦」をゴリ押し
  • 不確定情報が飛び交った山火事
    安全対策に万全を尽くせ!!

平成29年 5月号

政経東北5月号
  • 最大70兆円かかる⁉原発事故後処理費用
    甘すぎた東電改革委の試算
  • イノベ構想は中小企業を救うか
    県が分析した「新産業の可能性」
  • 国道114号「不通」の暗影
    ハンデを背負う葛尾村と川俣町山木屋地区
  • 復興相失言で見えた国の怠慢
    手薄な自主避難支援と"使えない"復興庁
  • 復興補助金で膨張する市町村財政
    ハコモノ増加で懸念される逼迫リスク
  • ジュピアランドひらた駐車場拡張に隠された不都合な事実
    高額な維持管理費に見合わない観光収益
  • 北塩原村建設課長が昇進直後に退職
    背景に高橋伝前村長の"影"
  • 「赤字転落目前」の会津坂下町
    町長選に挑む現新2氏の手腕と人となり
  • 手付かずの洗車汚泥処理に光明
    課題は中間処理後の搬出先確保

平成29年 4月号

政経東北4月号
  • 拙速な避難解除に潜むリスク
    地方自治の専門家が嘆く「薄い県の存在感」
  • 葛尾村・28年産米の検査で不手際
    生産・出荷管理体制を再検証
  • 松本幸英楢葉町長の気負いが生んだ「帰町職員優先昇任」発言
    問題は有事の際に役場が機能するか
  • 事業主逮捕で暗転した福島市松川町メガソーラー計画
    詐欺師との"関係"を疑われた小林香市長
  • 相馬市玉野地区にメガソーラー計画浮上
    災害・水資源枯渇を懸念する一部住民
  • 富岡町・避難解除直後に町長選の巡り合わせ
    意外に多い「戻らないから関心なし」
  • 再選の伊澤史朗双葉町長が直面する課題
    長期避難が復興の妨げに
  • 二本松市岩代地区・猟友会員のイザコザ
    利権と化すイノシシ捕獲報奨金
  • 議会で説明責任果たさない野崎吉郎町長
    矢吹・町道利益供与疑惑続報

平成29年 3月号

政経東北3月号
  • 不透明さ増す県内経済
    業種別動向を徹底分析
  • 誰が「被災地医療」を再生するのか
    高野病院問題は氷山の一角
  • 双葉町「復興事業」に薄い反応の町民
    出遅れ感が否めない廃炉関連施設誘致
  • 不可能が浮き彫りになった廃炉
    現実直視し工程表を刷新せよ
  • 浪江町避難解除住民懇談会で見えた4つの不安
    解消されなかった国への不信感
  • 甲状腺検査「同意取得」の弊害
    "暗部"に迫る書籍『フクシマ6年後 消されゆく被害』
  • 資源エネ庁職員が富岡移住宣言
    避難住民の「安全立証体現」要請に応答
  • 須賀川中学校の自殺対応に怒る保護者
    学年主任が説明会で加害者擁護発言!?
  • 首長選が自民党県連人事に与える影響
    主流派が引き続き主導権発揮か

平成29年 2月号

政経東北2月号
  • 県の怠慢が招いた高野病院問題
    露呈した地域医療の脆さ
  • 田村市長選合併12年で浮き彫りになったひずみ
    選挙未経験の現職と出馬を模索する2議員
  • 平田村「道の駅拡張」三度否決の舞台裏
    新人台頭でチェック機能取り戻した議会
  • いわき平地区中心市街地活性化の可能性
    小名浜イオン進出見据え商住機能強化
  • 浪江町津波被災者が明かす「生活再建」の険しさ
    他町民との賠償格差2000万円前後!?
  • 東電救済策の危うさ
    国民負担増で「福島避難増大」の懸念
  • 須賀川市「古木伐採」で市民団体発足
    問題の本質は事業計画の周知徹底不足
  • 郡山市長選新人2氏が「期待薄な理由」
    批判の応酬に辟易する市民
  • 楢葉町議会グラウンド改修否決の背景
    町長後援企業"連続受注"に物言い

平成29年 1月号

政経東北1月号
  • 『ロシア政府報告書』を解読した研究者の提言
    歪められた甲状腺がん「先進地の知見」
  • 程度が過ぎる東電優遇
    経産省「1F問題委員会」議論を検証
  • 川俣町内で囁かれる古川町長「限界説」
    随所に見える健康不安の支障
  • 大笹生開発計画「二度目の方針転換」
    東北中央道開通に翻弄される地権者
  • 避難解除が迫る浪江町を歩く
    環境整備は進んだが、追い付いていない住民の気持ち
  • 葛尾村・帰還が進まない意外な理由
    震災を機に村から背離した「住民の心」
  • 吾妻山で蠢く壮大なメガソーラー計画
    利権めぐり関係者同士が泥仕合
  • 【全国学力テスト】伸び悩む"福島っ子"
    県教委に求められる抜本的対策と中長期戦略
  • 介護施設が直面する4つの課題
    原発事故・水害・防犯・人手不足