ホーム
バックナンバー
ウェブ連載「巻頭言」
ウェブアーカイブ New
政経東北速報解説版 毎月2回(1・15日)発行
続・事件屋 竹内陽一氏の仮面を剥ぐ
月刊政経東北
政経東北速報解説版
ご挨拶/会社概要
株式会社東邦出版
福島県福島市南矢野目鼓原1-2
TEL:024-554-6101(代表)
FAX:024-554-6103
Email:info@seikeitohoku.com
バックナンバー
政経東北 JANUARY 2017(平成29年 1月号)CONTENTS
政経東北1月号
『ロシア政府報告書』を解読した研究者の提言
歪められた甲状腺がん「先進地の知見」
程度が過ぎる東電優遇
経産省「1F問題委員会」議論を検証
川俣町内で囁かれる古川町長「限界説」
随所に見える健康不安の支障
大笹生開発計画「二度目の方針転換」
東北中央道開通に翻弄される地権者
避難解除が迫る浪江町を歩く
環境整備は進んだが、追い付いていない住民の気持ち
葛尾村・帰還が進まない意外な理由
震災を機に村から背離した「住民の心」
吾妻山で蠢く壮大なメガソーラー計画
利権めぐり関係者同士が泥仕合
全国学力テスト】伸び悩む"福島っ子"
県教委に求められる抜本的対策と中長期戦略
介護施設が直面する4つの課題
原発事故・水害・防犯・人手不足
巻頭言
グラビア
今春避難解除を目指す4町村

JAリポート2017
今月のわだい
常磐線「仙台直結」に見る地域住民の温度差
首都圏在住者「県産食品意識調査」を検証
意外に低い県内建設業「生き残り力」
止まらない公務員不祥事
郡山民家爆発が市役所爆破予告に飛び火
福島JCが子どもアンケートを実施
インフォメーション
ホテル福島グリーンパレス
石井工務店
特別インタビュー
篠木弘・葛尾村長
澁川惠男・会津若松商工会議所会頭
橋本岩男・キリンビール福島支社長

16%にとどまる自治体の原発賠償
相応条件を引き出した農業「新賠償制度」
牧草地のカリ過剰解消に取り組む酪農家
戸別訪問で見えた自主避難者の苦境
商業統計から読み解く伊達イオン計画

福島県の移住者動向(田舎暮らしライター・山本一典)
特別インタビュー
篠木弘・葛尾村長
新連載
編集長インタビュー(滝澤眞己ふくしま医療機器開発支援センター長)
武藤琴美の南相馬移住奮闘録
連載
のたり日乗(近藤憲明)
原発災害"ロストファミリー"の今と明日(北土社・佐藤昇司)
ふくしま歴史再発見(岡田峰幸)
東邦見聞録
中央から見たフクシマ(横田一)
原発収束作業のミカタ(サニーさん)
中高年のための健康百話プラス(星野俊一)
ドクター熊坂の駆けて来た手紙(熊坂義裕)
ふくしまに生きる
連載漫画(斎藤種魚)
編集後記

『ロシア政府報告書』翻訳者が警鐘
 歪められた甲状腺がん先進地の知見

 原発事故後から実施されている甲状腺検査は、結果が公表されるたびに「甲状腺がんかがんの疑い」と判定される人数が増えているが、それでも県民健康調査検討委員会は「原発事故の被曝の影響は考えにくい」との見解を変えていない。その根拠として同検討委員会が決まって持ち出すのがチェルノブイリ原発事故で発生した甲状腺がんとの相違だが、ロシア政府公式資料を詳細に読み解くと、同検討委員会や国内の専門家の「チェルノブイリ甲状腺がん」の解釈は相当間違っているという。ロシア研究者の指摘から、県内の甲状腺がんの行方を考えたい。

東電過剰優遇の原発事故処理制度
 経産省「1F問題委員会」議論を検証

 東京電力福島第一原発事故の後処理費用が、当初想定より大幅に上回ることが明らかになり、経済産業省は昨秋、「東京電力改革・1F(福島第1原発)問題委員会」(東電改革委員会)を設置し、「東電救済」に向けた検討を始めた。原発事故の後処理システムの問題点や、同委員会の議論について整理・検証してみたい。

避難指示解除迫る浪江町を歩く
 進む環境整備、追い付かない住民の気持ち

 原発事故に伴い全町避難が続く浪江町は、帰還困難区域を除き、今年3月の避難指示解除を目標にしている。もっとも、これはあくまでも「目標」であり、環境整備の状況などによっては先延ばしになることも考えられる。国は、1月下旬から住民懇談会を開き、避難指示解除時期を最終決定する方針だが、それを前に、同町内の状況を見て回った。

葛尾村の帰還が進まない意外な理由
 原発事故で村から離れた「人心」

 昨年6月に帰還困難区域の野行地区を除いて避難指示が解除された葛尾村。11月には7期務めた前村長に代わり、新村長が就任した。しかし住民帰還は全く進んでおらず、住民からは村の復興計画や役場職員への不満が漏れ伝わっている。

福島市佐原地区で蠢くメガソーラー計画
 利権をめぐって関係者が泥仕合

 福島市の吾妻山一帯で、メガソーラー発電所を設置する計画が進められている。ところが、計画を推進していた関係者同士で内紛が起こり、その後関係修復を模索する動きも見られるなど、利権をめぐる泥仕合の様相を呈している。