ホーム
バックナンバー
ウェブ連載「巻頭言」
ウェブアーカイブ New
政経東北速報解説版 毎月2回(1・15日)発行
続・事件屋 竹内陽一氏の仮面を剥ぐ
月刊政経東北
政経東北速報解説版
ご挨拶/会社概要
株式会社東邦出版
福島県福島市南矢野目鼓原1-2
TEL:024-554-6101(代表)
FAX:024-554-6103
Email:info@seikeitohoku.com
バックナンバー
政経東北 August 2017(平成29年 8月号)CONTENTS
政経東北8月号
現実味増す!?二本松市元職の"復権"
世論無視の定数維持に固執する議会
直接請求を否決した矢吹町議会の不見識
住民団体の次なる目標は「町長解職請求」
南会津町三セク社長がわずか2カ月で退任
来春町長選を見据えた関係者の思惑
西会津町長選山口町政回帰で勝利した薄氏
支持離れ招いた現職の"グレーな選挙戦略"
混迷極める福島市長選
現職の脆弱支持基盤に付け込む両新人
データで振り返る25年福島市長選
中京大准教授が有権者の投票動向を調査
猪苗代議員「カネ絡み」の2つの疑惑
本誌に届いた告発投書を検証
本誌が勝手に選ぶ高校野球応援大賞
いわき光洋「タイガーラグ」の衝撃
指定廃棄物処分場で対応分かれた2行政区
住民同士の軋轢を生む事態に発展
巻頭言
グラビア
避難指示解除から1年 葛尾村のいま
今月のわだい
トリチウムへの言及で炎上した東電会長
浪江町で「プレミアム商品券」発売の是非
デブリ「気中工法」を嗤う小出元京大助教
郡山市「除染土壌搬出監督員業務」に疑義!?
東電「拒否続発」で原発ADRが形骸化
リスクが大きい県産米検査「縮小論」
トリアスが事実上閉鎖し新·秋田組で再起
早くも確定!?伊達市長選の候補者
インフォメーション
土湯温泉 こけしプリン本舗
わたしの意見
星學(下郷町)

国道114号開通への期待
非効率的な避難解除自治体
大印の元従業員が破綻の裏側を告白
高校教員が指摘する本県教育の課題
続・ゼロ賠償に苦しめられた事業者

JAリポート2017
いわき市長選立候補予定者に聞く
連載
のたり日乗(近藤憲明)
編集長インタビュー(篠木雄司・アポロガス社長)
原発災害"ロストファミリー"の今と明日(北土社・佐藤昇司)
魚影を追ってふたたび(広澤和樹)
ふくしま歴史再発見(岡田峰幸)
東邦見聞録
中央から見たフクシマ(横田一)
武藤琴美の南相馬移住奮闘録
原発収束作業のミカタ(サニーさん)
ドクター熊坂の駆けて来た手紙(熊坂義裕)
ふくしまに生きる
連載漫画(斎藤種魚)
編集後記

直接請求を否決した矢吹町議会の浅薄
 町長リコールを模索する住民団体

 7月13日、矢吹町議会で臨時議会が開かれ、矢吹町が進めるハコモノ建設計画への賛否を問う住民投票条例案の制定が検討された。同条例案は住民団体が直接請求したものだったが、反対多数により否決された。この間の経緯と臨時議会当日の様子をリポートするとともに、専門家による意見を紹介する。

指定廃棄物処分場計画
 対応分かれた楢葉・繁岡と上繁岡
 住民同士の軋轢生む事態に発展

 原発事故によって発生した県内の指定廃棄物を、富岡町の最終処分場に埋め立てる計画で、環境省は今年秋にも搬入を開始したい意向だという。周辺住民の多くは、同計画に反対の立場だったが、徐々に「本音は反対だけど、仕方がない」といった雰囲気も広がっているようだ。その一方で、「絶対反対」という意見も根強く残っており、住民同士の軋轢が生じる事態にまで発展している。

避難解除町村「実人口に見合わない投資額」
 医療・商業を行政が直接対応

 原発事故に伴う避難指示は、帰還困難区域を除き、4月1日までに大部分が解除された。それら地域では、復旧・復興、地域再生のため、さまざまな事業を計画・実施しており、それに伴い財政規模は、かなり膨れ上がっている。