ホーム
バックナンバー
ウェブ連載「巻頭言」
ウェブアーカイブ New
政経東北速報解説版 毎月2回(1・15日)発行
続・事件屋 竹内陽一氏の仮面を剥ぐ
月刊政経東北
政経東北速報解説版
ご挨拶/会社概要
株式会社東邦出版
福島県福島市南矢野目鼓原1-2
TEL:024-554-6101(代表)
FAX:024-554-6103
Email:info@seikeitohoku.com
バックナンバー

 

2018年(平成30年)のバックナンバー

平成30年 12月号

政経東北12月号
  • 過労死作業員の妻が憤る東電「使い捨て体質」
    急がれる法律制定と待遇改善
  • 懸念拭えぬ福島市中心市街地再開発
    全国で失敗例多数、市民への周知不足
  • 復興起爆剤「イノベ構想」の実現度
    課題は地元企業育成と受け入れ態勢構築
  • 福島渡利・相馬玉野の集団ADRが不調の危機
    「不当対応」を改めない東電
  • 収拾不能!?の田村バイオマス発電問題
    反対住民が抱く「強烈な不信感」
  • 元下請け社長が語るユアテックの闇
    踏み倒された!?追加工事費用数千万円
  • 皆伐森林を放置していた永沼幸人ふくしま中央森林組合長
    盗伐に遭い長年"無届け"状態に
  • 江田文男浅川町長の厳しい船出
    須藤一夫前町長派が妨害行為!?
  • 須賀川市「古木伐採」が正式決定
    嘆願実らず落胆する市民団体

平成30年 11月号

政経東北11月号
  • 仮設終了が迫る南相馬市の現状
    懸念される「退去困難者」と「転居後の孤立」
  • 福島の進展を恐れる郡山経済界
    駅前再開発"驚異的加速"の背景
  • 開店4カ月で正念場の小名浜イオン
    客数鈍化と競合店改装のダブルパンチ
  • 原発賠償ADR「粘り勝ち」社長の体験録
    あきらめかけている事業者へ
  • 大飯原発裁判に地元弁護士会が抗議声明
    生かされない福島第一原発事故の教訓
  • 条件付き生産から抜け出せないあんぽ柿
    県の試験加工で6検体が基準値超過
  • 川俣町議がイベントで粗相
    町内でくすぶる責任追及の動き
  • 福島ホープス事業譲渡の行方
    球団社長が明かす岩村監督との"すれ違い"
  • 幸福度ワースト9位の福島県
    都道府県ランキングで見えた"課題"

平成30年 10月号

政経東北10月号
  • 内堀知事の"低評価"をあぶり出す
    安倍政権追従で原発政策にダンマリ
  • 拙速すぎるトリチウム水海洋放出
    「対話軽視」が露呈した国の公聴会
  • トリチウム水解決の鍵は長期保管
    線量低減化と除去技術開発を促進せよ
  • 作業員「質・量低下」で停滞必至の廃炉
    国家機関創設で国難を克服せよ
  • 原発賠償問題に熱心でない内堀知事
    被害回復には戦略練り直しが必須
  • モニタリング体制縮小市町村の反論
    無責任な原子力規制委「システム移譲案」
  • 人口減少懸念される生活環境崩壊
    過疎地域を支えるツルハとコメリ
  • 終わらない矢吹消防署移転騒動
    町の対応に不満を漏らす元地権者
  • 二度頓挫したホテル建設計画
    原発被災地で宿泊施設が必要なワケ

平成30年 9月号

政経東北9月号
  • 看過できないモニタリングポスト体制縮小
    "形"だけの原子力規制委説明会
  • 弓田建設(会津若松)市有地取得疑惑を追う
    ICTビル用マンション建設で室井市長を"援護"
  • 本誌の取材から逃げ回る石田会津若松市議
    公共工事介入疑惑に答えず
  • 復興途上の請戸川土地改良区で対立劇
    地元に理事推薦を拒まれた「町長側近」
  • 浪江町長選特殊事情が生んだ2つの問題
    町外在住者が「多数派」の現実
  • 注目集めるJT跡地の活用法
    巷で噂の「コストコ説」は可能性ゼロ
  • 玄葉衆院議員に公選法違反疑惑
    支持離れを象徴する「住民からの告発」
  • 原賠審「被災地視察」2つの違和感
    菅野飯舘村長の特異性が露呈
  • 仮設住宅「退去後」の現状
    浪江町でコテージに"変身"

平成30年 8月号

政経東北8月号
  • 甲状腺がん患者に寄り添うNPO法人
    検査縮小論に反対する法人代表
  • 第二原発廃炉で立地町に2つの難題
    合併議論の呼び水となるか
  • 大学入試改革に翻弄される教育現場
    具体策を打ち出せない県教委
  • 昭和村「しらかば荘」の異常事態
    支配人が3人連続スピード退職
  • 政府方針に寄せた大飯原発判決
    大部分の原発再稼働を想定する新エネルギー計画
  • 福島市渡利地区集団ADR「失望の和解案」
    東電和解拒否連発で仲介員が及び腰
  • 「廃業」が目立ってきた建設業界
    震災復旧・除染終了で見切り!?
  • 福島駅東口再開発地元商店主の本音
    "ジリ貧打破"の期待と変化への不安
  • 郡山・ため池除染の特殊事情
    受注できるのは農業土木業者のみ!?

平成30年 7月号

政経東北7月号
  • 除染土再利用で揺れる二本松市原セ地区
    アテなき「県外最終処分」のツケ
  • イオン開店で見えたいわきの可能性と課題
    求められる「中央依存型復興」からの脱却
  • 県内42高校進学大学一覧
    課題は受験態勢徹底と県教委の"本気"
  • ADR打ち切りで集団訴訟に踏み切る浪江町
    「引き下がるわけにはいかない」と町民
  • 争点なき浪江町長選
    住民不在で過熱する"前哨戦"
  • 異様な評価で霞む内堀県政の課題
    再選確実!?で期待できない政策論争
  • 自民党県連内に燻る森参院議員への不満
    ベテラン県議が公認候補変更を画策!?
  • 就任7カ月・木幡福島市長の評価
    「不誠実対応」原因で支持離れ続出!?
  • 猪苗代町議会のゴタゴタ
    現職議員死去で与野党が拮抗

平成30年 6月号

政経東北6月号
  • 東電「和解拒否」が多発するADR
    2つの事例から制度の問題点を検証
  • 菅野村長の独断に振り回された相馬農高飯舘校「村立化」
    佐藤栄佐久元知事と酷似する行政運営
  • 復興バブル終焉で苦境の福島市飲食店
    閉店急増も小規模チェーン店が健闘
  • 農水省流通調査価格回復進まぬ県産農産品
    輸出・PR強化より販路拡大が重要
  • 暗礁に乗り上げる小高スマートIC計画
    市長交代で環境省が費用負担に難色!?
  • 夢物語でしかない福島第一原発の廃炉
    チェルノブイリ原発の廃炉は500年先
  • 東電「原発賠償書類紛失」の裏事情
    担当人員整理で一層雑になった対応
  • 復興住宅入居者「近所付き合い」の実態
    大学研究グループの調査を読み解く
  • 只見線復旧後に待ち受ける課題
    求められる観光対応強化と地域振興

平成30年 5月号

政経東北5月号
  • 自主避難者に冷たい内堀雅雄福島県知事
    理不尽な米沢・雇用促進住宅「立ち退き訴訟」
  • 浪江ADR打ち切りで露呈した3つの問題点
    「訴訟」か「個別ADR」の選択を迫られる町民
  • 東電本位が浮き彫りになった商工業者への一括賠償
    「1倍」「追加賠償ナシ」が多数
  • 原発被災農家半数弱が「再開の意向なし」
    今年から"本格再開"する山木屋、富岡、浪江の現状
  • 平田村一般会計予算減額補正の舞台裏
    懸念される将来世代へのツケ
  • 業者への"指名停止"を怠ったいわき市
    社長逮捕を隠して公共工事を受注
  • 東電支援「会計検査院報告」を読み解く
    行き着く先は原発再稼働問題
  • 福島の赤ちゃんが危ない(最終回)
    多様性の尊重と世代間倫理
  • 『赤旗』で疑惑報じられた吉野正芳復興相
    中間貯蔵下請けめぐり環境省に"圧力"?

平成30年 4月号

政経東北4月号
  • 楢葉町「仮設終了」で見えた課題
    引っ越しシーズンと重なり容易でない転居
  • 福島の赤ちゃんが危ない
    過小評価される原発事故の健康影響
  • 分岐点に立つ県産米全量全袋検査
    市場評価は「食味良」なのに「低価格」
  • 「薪」から見える飯舘村の山林汚染
    原発事故前の環境に戻るのは300年後
  • 復興予算で潤った県内市町村
    原発被災自治体を悩ませる「先行きの不透明さ」
  • 放課後児童クラブで「虐待」「パワハラ」騒動
    内部からのSOSを"黙殺"した市当局
  • NPO虚偽報告で炎上する長谷川金山町長
    建設不況と"脇の甘さ"で進む支持離れ
  • 昭和村職員に詐欺疑惑!?
    登記手伝いで高齢者から約90万円受領
  • 信頼を失墜させた双葉消防職員「飲酒運転事故」
    原発事故に伴う一時分散の弊害!?

平成30年 3月号

政経東北3月号
  • 経営難に直面する福島ホープス
    迫られる自助努力とまだまだ足りない支援
  • 須賀川・中学生自殺調査報告書を検証
    「原因はいじめと不十分な指導」と明記
  • 建設業界「復興特需」後の生き残り策
    数年後に待ち受ける業界再編
  • LNG城下町に生まれ変わる新地町
    天然ガス活用で環境まちづくり推進
  • 大東、福島「経営統合」の可能性
    大幅減益で迫られる"原点回帰"
  • 伊達市長選飽き、高齢、保原偏重で落選した現職
    須田新市長に突き付けられる合併市特有の課題
  • ブーム終焉で岐路に立つ太陽光発電
    住宅用導入者を襲う「2019年問題」
  • 相馬玉野メガソーラー計画の全容
    世界有数の企業が共同事業主に
  • 被災者支援弁護団が指摘する原発賠償の不整合
    原賠審への要望を読み解く

平成30年 2月号

政経東北2月号
  • 室井市長に公用車「私的利用疑惑」
    東山温泉の旅館でコンサル業者と飲食!?
  • 因縁まみれの南会津町長選
    元職参戦で「東西一騎打ち」の構図が崩壊
  • 住民説明会で明かされた富岡町「帰還困難再生案」
    主立つ4町で条件は1番!?
  • 棚倉町議会議長不信任案提出の背景
    発端は東白衛生組合議会"無届け欠席"
  • 岩瀬福祉会で今度は事故隠蔽疑惑
    「入所者骨折」を2カ月遅れで県に報告
  • 動き出した鏡石町長選
    無投票回避へ議員が政治団体設立
  • 二本松市岩代地区でメガソーラー計画が浮上
    進展の遅さにヤキモキする地権者
  • いわきの現状映す2つの閉店
    タウンモール・リスポと浜風きらら内店舗
  • "双葉市"初代市長に吉田栄光県議の名
    8町村「単独運営困難」で合併不可避!?

平成30年 1月号

政経東北1月号
  • 桜の聖母短大で教員雇い止め騒動
    女性学長に浮上する「意図的排除」疑惑
  • 異様な運営が横行する郡山桜福祉会
    背景に"特異な理事長"の影
  • 田村市バイオマス発電計画をめぐる攻防
    「チップ工場併設」と「樹皮燃料」に議会が待った
  • 双葉・大熊と性質が異なる浪江「帰還困難復興議論」
    実態を見ていない国の方針
  • 原発政策でおざなりにされるプルトニウム削減
    全量再処理からの撤退を提言する専門家
  • 矢吹町長リコール運動に妨害行為
    住民団体が記者会見で告発
  • "予言"通り元職が返り咲いた二本松市長選
    「仕事がやり辛くなる」と落胆する市職員
  • 九州の生協連に抗議された民友
    不正確だった「福島県商品除外」報道
  • 浪江町の外郭団体でパワハラ疑惑
    減給処分の職員が県労連に電話相談