ホーム
バックナンバー
ウェブ連載「巻頭言」
ウェブアーカイブ New
政経東北速報解説版 毎月2回(1・15日)発行
続・事件屋 竹内陽一氏の仮面を剥ぐ
月刊政経東北
政経東北速報解説版
ご挨拶/会社概要
株式会社東邦出版
福島県福島市南矢野目鼓原1-2
TEL:024-554-6101(代表)
FAX:024-554-6103
Email:info@seikeitohoku.com
バックナンバー
政経東北 December 2018(平成30年 12月号)CONTENTS
政経東北12月号
過労死作業員の妻が憤る東電「使い捨て体質」
急がれる法律制定と待遇改善
懸念拭えぬ福島市中心市街地再開発
全国で失敗例多数、市民への周知不足
復興起爆剤「イノベ構想」の実現度
課題は地元企業育成と受け入れ態勢構築
福島渡利・相馬玉野の集団ADRが不調の危機
「不当対応」を改めない東電
収拾不能!?の田村バイオマス発電問題
反対住民が抱く「強烈な不信感」
元下請け社長が語るユアテックの闇
踏み倒された!?追加工事費用数千万円
皆伐森林を放置していた永沼幸人ふくしま中央森林組合長
盗伐に遭い長年"無届け"状態に
江田文男浅川町長の厳しい船出
須藤一夫前町長派が妨害行為!?
須賀川市「古木伐採」が正式決定
嘆願実らず落胆する市民団体
巻頭言
グラビア
浜街道復興百景・南相馬市原町区編
首長訪問
渡部英敏・会津美里町長
今月のわだい
遊説中に池田善治元梁川町長宅で食事した内堀知事
周囲を辟易させる金子恵美衆院議員の言動
密かな盛り上がりを見せた伊達県議補選
中川庄一が国から補助金返還を迫られた事情
浮体式洋上風力発電は失敗だったのか
原発賠償要望に同行しない内堀知事
特別インタビュー
渡邊博美・福島商工会議所会頭
小野栄重・いわき商工会議所会頭
高橋隆助・原町商工会議所会頭
菅沼真澄・磐城国道事務所長
インフォメーション
恵和興業
Jパワー(電源開発)
市長インタビュー
立谷秀清・相馬市長

"小競り合い"が続く相馬玉野メガソーラー計画
’18歳末商戦
お歳暮ギフト好適品紹介
熟年離婚男の言い分・その4(橋本比呂)
戊辰戦争150年目の真相⑦(星亮一)
連載
のたり日乗(近藤憲明) 編集長インタビュー(須藤雅人・一般財団法人BOOTGM)
原発災害"ロストファミリー"の今と明日(北土社・佐藤昇司)
魚影を追ってふたたび(広澤和樹)
ふくしま歴史再発見(岡田峰幸)
東邦見聞録
中央から見たフクシマ(横田一)
ドクター熊坂の駆けて来た手紙(熊坂義裕)
艱難汝を玉にする(秋田義雄)
大和田新の伝えることの大切さ 伝わることの素晴らしさ
ふくしまに生きる
連載漫画(斎藤種魚)
編集後記

東電の原発作業員"使い捨て体質"
 「過労死」遺族が訴える待遇改善

 東電福島第一原発の敷地内で働いていた自動車整備士・猪狩忠昭さん(57)=当時=が昨年10月、勤務中に亡くなったのは長時間労働による過労が原因として、いわき労働基準監督署が今年10月、労災認定を行った。原発事故から7年9カ月余り、作業員の多くは今も過酷な状況下で廃炉作業に当たっている。猪狩さんの妻(52)は「夫の死を無駄にしたくない」と、作業員の待遇と労働環境の改善を強く訴える。

ユアテックを恨む下郷の元会社社長
 追加工事費"口約束"でトラブル

 東北電力の子会社で、電気・空調設備工事を手掛けるユアテック(宮城県仙台市、佐竹勤社長)。東北地方を代表する企業の1つだが、そんな同社から10年以上前に受けた"仕打ち"をいまも恨み続けている元下請け会社の経営者がいる。いったい何があったのか、男性に会って話を聞いてみた。

福島渡利・相馬玉野 集団ADRが不調危機
 「不当対応」を改めない東電

 東京電力福島第一原発事故に伴う損害賠償の早期解決の手段として、原発ADR制度がある。国の機関である原子力損害賠償紛争解決センターが、被害者と東電の間に入り、和解仲介手続きを行うことで、迅速かつ公正に解決するもの。ところが、同制度をめぐっては、東電の不誠実な対応により、正常に機能しない事態が続いている。ここでは、2つの事例を紹介しながら、東電の行為の不当性と同制度の問題点を明らかにしたい。