ホーム
バックナンバー
ウェブ連載「巻頭言」
ウェブアーカイブ New
政経東北速報解説版 毎月2回(1・15日)発行
続・事件屋 竹内陽一氏の仮面を剥ぐ
月刊政経東北
政経東北速報解説版
ご挨拶/会社概要
株式会社東邦出版
福島県福島市南矢野目鼓原1-2
TEL:024-554-6101(代表)
FAX:024-554-6103
Email:info@seikeitohoku.com
バックナンバー

 

2019年(令和元年)のバックナンバー

令和元年 9月号

政経東北9月号
  • 県議会をダメにする専業議員
    年間80日前後で1400万円の法外報酬
  • 座談会翻弄される自主避難者
    癒えない痛みと行政への怒り
  • 双葉ばら園主の苦悩
    適正賠償を求め東電と裁判
  • 郡山市田村町糠塚「処分場計画」続報
    利権めぐる"暗闘"一部始終
  • ずさん除染で帰還促進の愚
    元東電社員「個人調査」で見えた実態
  • 輪郭見えてきた福島駅前再開発
    鍵を握る「コンベンション施設」の行方
  • 被災地とギャンブル依存(フリーライター・古川美穂)
  • 甲状腺がん患者「術後の苦悩」
    口先だけの寄り添いに終始する県
  • 徹底されていない福島市部活動改革
    「休養日無視」の中学校に不公平の声

令和元年 8月号

政経東北8月号
  • 高すぎる知事・市町村長の退職金
    「政治資金」「法定選挙費用」を公開する
  • "瀕死"の福島空港「復活の決め手なし」
    改善されない赤字垂れ流し体質
  • トラブル続出郡山市田村町糠塚処分場計画の裏側
    設置許可下りたのに未着工のナゼ
  • 大詰め迎えた「中通りに生きる会」原発裁判
    初の和解決着を目指した理由
  • 東北・第一地銀ランクに見る東邦の実力
    株価"低迷"の謎に迫る
  • 田村バイオマス計画で住民監査請求
    住民訴訟を見据える反対派グループ
  • 全国下位の福島県民健康度
    求められる被曝調査徹底と医療充実
  • なぜ、福島は分断するのか(脳神経科学者・伊藤浩志)
    見逃されてきた「社会の病」
  • 戦略に欠ける県立高校の大学進学指導
    県内35高校の2019大学進学一覧

令和元年 7月号

政経東北7月号
  • 甲状腺がん「被曝との関連無し」の虚妄
    被曝によるリスクは確実にある
  • 震災関連死から目を背ける内堀知事
    置き去りにされる「身寄りのない避難者」
  • 10分で分かる原発賠償の全容
    被害が続く限りは賠償せよ!!
  • 菅野飯舘村長「帰還政策」の欺瞞
    生業再生後回しでハコモノ整備
  • 幸楽苑「V字回復」の軌跡
    懸念は息子(社長)への権限集中!?
  • 「公的製材工場」に戦々恐々の民間業者
    樹皮の燃料化にも不安の声
  • 国見町議選「定数割れ」はなぜ起きた
    町民が指摘する議会の失墜
  • 公選法違反!?原発避難自治体の議員
    立法を怠ってきた国会の責任を問う
  • なぜ、福島は分断するのか(脳神経科学者・伊藤浩志)
    弱者ほど高まる放射線の健康リスク

令和元年 6月号

政経東北6月号
  • 伊達市の個人線量データ問題
    罪深い「宮崎・早野論文」
    ルール違反だらけの解析で"安全宣言"
  • 菅野典雄飯舘村長の復興・帰還政策に異議アリ!!
    豪華な施設をつくっても住民は豊かにならない
  • 福島交通乗客まばらなのに黒字5億円
    国・県・市町村は補助金を見直せ
  • ゼビオを襲う内憂外患
    "諸橋家"から隔離される"婿社長"
  • 原発事故で2割前後に落ち込んだ県内漁業
    「乗り子」が漏らす原発賠償の不満
  • 税金減免問題で紛糾した浪江町議会
    徐々に薄れる被災者支援策
  • 道の駅あいづ騒動『財界誌』が報じなかったこと
    内部で過熱する不毛な"主導権争い"
  • 南会津町議選湯田芳博氏当選で嵐の予感
    緊張強める議会と執行部
  • なぜ、福島は分断するのか(脳神経学者・伊藤浩志)
    "過剰さ"に合理性あった県民の被ばく回避行動

令和元年 5月号

政経東北5月号
  • 会津若松「現在地に新庁舎建設」に違和感
    大型事業連発で懸念される財政危機
  • 双葉病院事件消せない県の失態
    検証作業と教訓発信を怠る内堀知事
  • 南相馬企業が抱える経営課題
    期待が集まるイノベ構想の進展
  • 遺族が明かすいじめ調査報告書の不備
    問題の本質は「真相究明」と「教訓化」
  • 門馬南相馬市長に「病院問題」を聞く
    「最後に責任取るのがトップの役目」
  • 農水省調査が示す"風評対策"の限界
    無意味な消費者PRに終始する県当局
  • なぜ、福島は分断するのか(脳神経学者・伊藤浩志)
    最新脳科学で分かった「不安」の正体
  • 東電ADR和解拒否問題「期待薄の経産相指導」
    物足りない内堀知事の対応
  • 国会で事例紹介された川合精肉店
    一向に改まらない東電の賠償姿勢

平成31年 4月号

政経東北4月号
  • 瓦解する南相馬市「二つの公立病院」
    非現実的な再編計画をゴリ押しした門馬市長
  • 田村広域行政組合"解散騒動"を追う
    三春憎しで脱退を口走った本田・田村市長
  • 裁判に発展した「中学校いじめ問題」
    遺族が抱く行政への不信感
  • 利権化する放射能ゴミ処理
    勉強会で報告された各地の事例
  • 福島沖大地震予測問われる企業の防災対策
    普及進まない「業務継続計画」
  • 原発賠償を不当拒否された郡山市の事業者
    関係者が明かす東電「不誠実」の数々
  • なぜ、福島は分断するのか(脳神経学者・伊藤浩志)
    科学は「公正中立」という幻想
  • 生き残り模索する観光業界
    求められる県の戦略的取り組み
  • 不当解雇で訴えられた桜の聖母高校
    教員に退職迫った"聖職者"理事長

平成31年 3月号

政経東北3月号
  • 編集部座談会
    原発事故に翻弄される福島県
  • 疎かにされた甲状腺初期被曝検査
    「原発事故との因果関係無し」への違和感
  • なぜ、福島は分断するのか(脳神経科学者 伊藤浩志)
    誰もが「正しいのは自分だ」と思い込んでいる
  • 迫り来る汚染水対策のリスク
    ALPSが抱える深刻な盲点
  • 福島原発・刑事裁判録
    (福島原発刑事訴訟支援団長・いわき市議 佐藤和良)
    「責任逃れ」に終始した旧経営陣3被告
  • 第一原発立地町のいま
    中間貯蔵との共存を強いられる復興拠点
  • 編集長インタビュー吉野正芳衆議院議員・元復興大臣
    政治主導で"ポスト復興庁"をつくる
  • 事故から8年福島第一原発ルポ
    建屋周辺取材で見えた"厳しい現実"
  • 落差が大きい原発以南と以北
    工事関係者多数の良し悪し

平成31年 2月号

政経東北2月号
  • 苦戦する復興商業施設
    帰還政策の理想と現実
  • ADR和解拒否 東京電力の不当性
    "根幹"からの改善を目指す支援弁護団
  • 浪江事業者が明かす追加賠償交渉の実態
    自助努力ではどうにもならない現状
  • 過労死問題に正面から向き合わない東電
    低すぎる労働環境改善への意識
  • 地元住民が小高病院「入院機能復活」に反発
    公約に縛られ本質を見誤った門馬市長
  • 小高区 除染土再利用構想の裏話
    「過去の失敗」で慎重に進める!?環境省
  • 休店続くスーパー2店舗
    復興特需終焉後の帰着点
  • 郡山の県道脇に出現した「危険な段差」
    多発する車損傷と自転車転倒
  • 須賀川市「古木伐採問題」最後の抵抗
    12月議会に保存請願提出も不採択

平成31年 1月号

政経東北1月号
  • 小高病院「入院機能復活」は改悪だ!!
    現実見ず公約実行に固執する門馬和夫市長
  • 西会津町に燻る2つの火種
    若者住宅整備と議会沖縄視察の是非
  • 津波で壊滅した原町火発のいま
    復旧完了も迫り来る低炭素社会
  • 「税収減の賠償」を拒否する東電
    問題解決に欠かせない内堀雅雄知事の直接出馬
  • アーカイブ施設で謎の決定覆し
    官僚出身部長に外された!?今井照元福大教授
  • 自主避難者支援を頑なに拒む内堀雅雄知事
    県が生活実態調査を行わない理由
  • 集団訴訟を起こした浪江町民の思い
    注目は「ADR和解拒否」に対する慰謝料
  • 集団ADRで東電が3回目の和解拒否
    打ち切りになった浪江町の事例と酷似
  • 磐城中央病院民事再生の背景
    譲渡先候補に囁かれる葵会グループ