ホーム
バックナンバー
ウェブ連載「巻頭言」
ウェブアーカイブ
政経東北速報解説版 毎月2回(1・15日)発行
月刊政経東北
政経東北速報解説版
ご挨拶/会社概要
株式会社東邦出版
福島県福島市南矢野目鼓原1-2
TEL:024-554-6101(代表)
FAX:024-554-6103
Email:info@seikeitohoku.com
バックナンバー
政経東北 November 2021(令和3年 11月号)CONTENTS
政経東北11月号
南アルプス老夫婦遭難死事故を追う
「百名山制覇」目前で焦りと過信!?
汚染水は凍土壁の下から漏れていた!
地学研究者が提言する3つの解決策
岳温泉・ホテル安達屋跡を取得した幽霊会社
廃墟化に打つ手なしの旅館協組・二本松市
「奇跡の村」になれなかった泉崎
箭内・新村長就任で方針転換!?
裁判官を"訴えた"男性の言い分
行政に忖度した不当な訴訟指揮に憤慨
田村市「道の駅計画」中止決定の舞台裏
将来的には整備の可能性も
国の無策が招いた避難者集計問題
約4000世帯が宛先不明
日本の政治に欠けているもの(本誌主幹・奥平正)
前途多難な財政再建と外交・防衛
「原発PR標語」考案者の双葉町里帰り
ジャーナリスト・牧内昇平
巻頭言
グラビア
大熊町復興のかたち
今月のわだい
書類送検で注目される本田前田村市長の刑罰
無風が一転!?二本松市長選は現新一騎打ちも
相馬港で石材事業者同士が採石めぐり対立
小林香氏の伊達市長選出馬に違和感
子ども脱被ばく裁判で気迫の意見陳述
アンケートで見えた甲状腺がん患者の不安
田村バイオマス「住民訴訟」が結審
玉野メガソーラー「渦中の地権者」の関与度
インフォメーション
FSGカレッジリーグ
特別インタビュー
本名創・柏屋社長
江尻英介・ハニーズホールディングス市長
中山哲志・東日本国際大学学長
滝田康雄・郡山商工会議所会頭
山口純一・二本松商工会議所会頭
市長インタビュー
三保恵一・二本松市長
首長訪問
坂本浩之・三春町長
塩田金次郎・石川町長
加藤幸一・中島村長
小林功・柳津町長
この人に聞く
平栗裕治・福島県私立幼稚園・認定こども園連合会理事長
佐藤日出一・福島県ビルメンテナンス協会長
企画特集
伊達市で進む2つの注目事業
県民の暮らしを守る建設業界

飯舘村・キノコの汚染はどうなっている?
情報ファインダー
水環境と暮らしを守る下水道事業
熟年離婚 男の言い分・その39(橋本比呂)
県内旅館・ホテル応援特集
連載
のたり日乗(近藤憲明)
ふくしま歴史再発見(岡田峰幸)
フクイチ各災害は継続中(春橋哲史)
中央から見たフクシマ(横田一)
廃炉の流儀(尾松亮)
なかなかのイナカ(桜沢鈴)
選挙古今東西(畠山理仁)
ふくしまに生きる
編集後記

会津若松老夫婦 南アルプス遭難死を追う
 「百名山制覇」目前で焦りと過信!?

 会津若松市の老夫婦が南アルプス・光岳(てかりだけ、長野県)への登山中に行方不明になり、その後、遺体で発見された。老夫婦の足取りを追うとともに、あらためて登山の危険度などを考えてみたい。

やっぱり汚染水は漏れていた
 凍土壁の欠陥地質学者が指摘

 地学専門家のグループが7月、福島第一原発の地質・地下水の調査結果をまとめた書籍を出版した。国や東電が原発敷地内の地質・地下水の実態把握を軽視して汚染水問題を招いたことを証明し、凍土壁や地下水バイパスでは汚染水発生が防ぎ切れない理由をデータとともに説明している。同グループの主張を国・東電は重く受け止めるべきだ。

倒産・ホテル安達屋を取得した幽霊会社
 旅館組合・二本松市 廃墟化にお手上げ

 閉館後、解体せずに取り残されている"廃墟ホテル"。温泉街の活気が損なわれるとして観光・宿泊業関係者が頭を悩ませている。二本松市・岳温泉のケースを取材した。

「奇跡の村」になれなかった泉崎
 箭内村長就任で方針転換!?

 長野県下條村は、かつて「奇跡の村」と称された。2009年11月に泉崎村長に就任した久保木正大氏は、同村を手本にしようと、2010年4月から職員を研修に送った。久保木氏は10月に行われた村長選に立候補せず引退。「奇跡の村」を目標にした久保木村政を検証する。

田村市道の駅計画"中止"の舞台裏
 背景にコロナ不況と不透明な場所選定

 田村市の白石高司市長は中断していた道の駅整備事業について、現計画を改め、再検討する方針を打ち出した。同事業は、今年4月の市長選で落選した本田仁一前市長の肝いりで進められていたが、さまざまな問題点が指摘されていた。