ホーム
バックナンバー
ウェブ連載「巻頭言」
ウェブアーカイブ
政経東北速報解説版 毎月2回(1・15日)発行
注文案内
月刊政経東北
政経東北速報解説版
ご挨拶/会社概要
株式会社東邦出版
福島県福島市南矢野目鼓原1-2
TEL:024-554-6101(代表)
FAX:024-554-6103
Email:info@seikeitohoku.com
バックナンバー
政経東北 February 2022(令和4年 2月号)CONTENTS
政経東北2月号
リオン・ドール時流を意識した変革の軌跡
メディアに露出しない小池信介社長
平成の大合併を検証する③―二本松市
当初から不明瞭な将来ビジョン
南会津町長選現職と元職の"探り合い"
次世代候補不在にウンザリする町民
パワハラ技師長を"重用"する白河厚生病院
被害を深刻に受け止めないJA福島厚生連
棄却された田村バイオマス住民訴訟
控訴審、裁判外で「訴え」続ける住民団体
原発事故で閉店した大手チェーンのその後
高速道路無料措置で地域購買力流出
県内46市町村・三セク当期損益ランキング
近い将来、規模縮小、停止を迫られるのは必至
伊達市"盗撮職員"に被害者が怒りの心境告白
「犯人に厳しい社会制裁を与えて」
柳津だけじゃないグローバルピッグファーム養豚悪臭問題
早期改善を訴える川俣町山木屋の住民
巻頭言
グラビア
韓流愛が止まらない
今月のわだい
PC端末を保護者に購入させる県内公立高校
新城猪之吉・会津若松観光ビューロー理事長に退任迫った室井照平・会津若松市長
ツイッターで話題でも先行き厳しい福島空港
相馬沖のクロソイから1400ベクレル検出
国政インタビュー
亀岡偉民・衆院議員
特別インタビュー
福島陽介・福島河川国道事務所長
牧野富雄・白河商工会議所会頭
草野清貴・相馬商工会議所会頭
長谷川浩一・県建設業協会長
市長インタビュー
立谷秀清・相馬市長
首長訪問
遠藤栄作・鏡石町長
村上昭正・小野町長
湯座一平・棚倉町長
古川庄平・会津坂下町長
企画特集
本宮市商工会が新年賀詞交歓会を開催
いわき市・次世代エネ先進地への挑戦

福島市山田にソーラー発電所
福島市民を怒らせた"デコボコ除雪"
釈然としない漁業者への原発賠償
原発賠償中間指針改定を求めた東北弁護士会
近内元古殿議長死去・近隣首長選への影響
本当だった「中ノ沢温泉のコロナ不活性化」
情報ファインダー

トップに聞く経済展望
熟年離婚 男の言い分・その42(橋本比呂)
連載
のたり日乗(近藤憲明)
ふくしま歴史再発見(岡田峰幸)
東邦見聞録
フクイチ核災害は継続中(春橋哲史)
横田一の政界ウオッチ(横田一)
廃炉の流儀(尾松亮)
なかなかのイナカ(桜沢鈴)
選挙古今東西(畠山理仁)
ふくしまに生きる
編集後記

ベールに包まれたリオン・ドール
 メディアに露出しない小池信介社長

 会津地方を中心に食品スーパーを展開する「リオン・ドール」。かつての「ライオンドー」は中通りや県外にも出店することで知名度を高めていったが、それとは裏腹にマスコミ対応は消極的で、社長が取材に応じることは一切ない。ベールに包まれた経営と、会社の方向性に迫った。

シリーズ平成の大合併 二本松市 当初から不明瞭な将来ビジョン
 「取り残された」と嘆く岩代・東和の住民

 「平成の大合併」の成否を探るシリーズは3回目に突入した。今回は中通り北部に位置する二本松市を取り上げる。1市3町が一つになった同市は、合併当初から将来ビジョンが不明瞭だったとされる。背景には、三保恵一市長がもともと合併に後ろ向きで、新市発足後にどういう地域づくりを進めるのか、自身の考えや思いを披露しないまま今日に至ってしまったことが原因に挙げられるという。

南会津町長選 現職と元職の"探り合い"
 次世代候補者不在にウンザリする町民

 南会津町長が4月29日に任期満了を迎える。3期目の現職・大宅宗吉氏(72)は1月23日現在、進退を明らかにしておらず、選挙戦に向けた探り合いが続いている。過去の町長選での因縁や同町が抱える課題などを紹介しながら、最新の情勢をリポートする。

白河厚生病院 パワハラ技師長を"重用"
 被害を深刻に受け止めないJA福島厚生連

 白河厚生総合病院(白河市、大木進司病院長)の関係者から、パワーハラスメント(パワハラ)に関する情報が寄せられた。パワハラをしているとされる上司は、過去に部下から裁判を起こされ、慰謝料の支払いを命じる判決を受けていた。にもかかわらず、上司はその後も同病院に勤務し、パワハラ体質は改まっていないというのだ。

県内46町村「三セク」当期損益ランキング
 事業の規模縮小・停止を迫られるのは必至

 県内46町村の第三セクター(以下、三セク)は79社(2021年3月時点)、うち71社の当期利益・損失をランキングで示した(8社は収支非公表)。読者が住む町村の三セクの数値を是非読んでほしい。ちなみに、当期利益トップは楢葉町の「ならはみらい」、当期損失ワースト1は南会津町の「みなみあいづ」だった。