ホーム
バックナンバー
ウェブ連載「巻頭言」
ウェブアーカイブ
政経東北速報解説版 毎月2回(1・15日)発行
注文案内
月刊政経東北
政経東北速報解説版
ご挨拶/会社概要
株式会社東邦出版
福島県福島市南矢野目鼓原1-2
TEL:024-554-6101(代表)
FAX:024-554-6103
Email:info@seikeitohoku.com
バックナンバー
政経東北 June 2022(令和4年 6月号)CONTENTS
政経東北6月号
フィリピン人女性殺害犯人"三股交際"の報い
元夫が「収まらない怒り」を告白
郡山爆発事故市が関係6社を提訴
被害住民に「賠償の先例」をつくる狙いも
増子参院議員「突然の引退表明」舞台裏
有力支持者の死去と若手の台頭で出馬断念
福島県沖地震の爪痕
梅雨までの追い付かない屋根修理
地震被災者支援に奔走する若手起業家
地域と支え合い相馬を元気にする
イチエフ過労死裁判判決が認めた救急体制の課題
ジャーナリスト・牧内昇平
黙ってはいられない汚染水放出
知事選と県民投票で「民意」を示せ
"不都合な事実"を展示しない伝承館
被災体験の収集・公開でも繰り返される懸念
ブラック公務員「消防団」
行進に奪われる休日、飲み代に消える報酬
巻頭言
グラビア
隠れた絶景 会津の"田鏡"
今月のわだい
まどろっこしい原賠審の中間指針改定議論
福島市の鮮魚店がコロナと戦争で次々閉店
白河市南湖周辺で進むメガステージ計画
阿武隈川遊水地の正式な範囲決定
いわき図書館職員の"職務怠慢"告発投書
県内で店舗拡大続けるクスリのアオキ
企画特集
福島市 コロナ禍からの"反転攻勢"
特別インタビュー
浅倉俊一・アレンザホールディングス社長
インフォメーション
学校法人まこと学園
国政インタビュー
上杉謙太郎・衆議院議員
市長インタビュー
品川萬里・郡山市長
町村長に聞く
舟木幸一・昭和村長
首長訪問
杉山純一・会津美里町長
関根政雄・鮫川村長
遠藤雄幸・川内村長
この人に聞く
長嶺勝広・県北建設事務所長-
宗像誠也・県中建設事務所長

猪苗代町"廃墟ホテル"で連続不審火
平成の大合併を検証する⑤田村市
県土木部「ブラック過ぎる労働環境」
チェルノブイリ研究者がウクライナ難民支援
福島市経済人に聞く東北新幹線の思い出
情報ファインダ
参院選立候補予定者に聞く
熟年離婚 男の言い分・その46(橋本比呂)
連載
のたり日乗(近藤憲明)
ふくしま歴史再発見(岡田峰幸)
東邦見聞録
フクイチ核災害は継続中(春橋哲史)
横田一の政界ウオッチ(横田一)
廃炉の流儀(尾松亮)
耳より健康講座(ときわ会常磐病院))
選挙古今東西(畠山理仁)
ふくしまに生きる
編集後記

郡山フィリピン神女性殺害 犯人"三股交際"の報い
 元夫が「収まらない怒り」を告白

 昨年7月に郡山市で、交際していたフィリピン人女性の首を絞めて殺した罪に問われていた同市の建設作業員の男に5月20日、求刑通り懲役15年の判決が言い渡された。妻子がありながら他に2人の女性と交際し、その1人だった被害女性と別れをめぐってトラブルになった末の犯行だった。裁判では、犯行時興奮状態だったことを理由にあいまいな答えに終始。被害女性の元夫は「全部ウソに聞こえた」と、収まらない怒りを露わにした。(文中一部敬称略)

増子参院議員突如引退の舞台裏
 有力支持者死去と若手台頭で決断

 7月に行われる参議院選挙に立候補を表明していた現職の増子輝彦氏(74、3期)が、今期限りで引退することを発表した。立候補を断念した主な理由について、増子氏は高齢と世代交代を挙げた。立候補を正式表明してから約1カ月。4選に強い意欲を示していた増子氏を"変心"させたものは一体何だったのか。

田村市クラスター方式の善し悪し
 原発事故で割を食った旧都路村

 「平成の大合併」の成否を探るシリーズ。5回目は中通りの中央に位置する田村市をリポートする。旧4町1村からなる同市は、ぶどうが一粒一粒集まって一つの房をつくるように、各町村の個性を尊重しながら新しい市をつくるクラスター型の合併方式を採用した。しかし現状は、旧5町村が一つに融合しているとは言い難く、各地の住民からは「合併しない方がよかった」という声も聞かれるほどだ。合併から17年経って後悔する人がいる背景には何があるのか。

猪苗代"廃墟ホテル"連続不審火を追う
 心霊マニアが大挙、動画配信者が花火

 5月5日1時5分ごろ、猪苗代町の廃墟ホテル「横向ロッジ」から出火、鉄筋4階建ての1、2階客室の一部を焼いた。猪苗代署は、建物には火の気がないため、不審火とみて出火原因を調べている。また、同日21時15分ごろにも同じ建物から出火し、一部を焼いた。過去には、動画配信者が火遊びをしていた。

黙ってはいられない汚染水放出
 知事選と県民投票で「民意」を示せ

 福島第一原発の敷地内に溜まり続ける汚染水を海洋放出する計画について、原子力規制委員会は5月18日、安全性に関する審査書案を承認した。海洋放出に"お墨付き"を与えた格好で、来春の放出開始に向けて、着々と手続きが進められている。県民としてこの状況を看過していいのか。