ホーム
バックナンバー
ウェブ連載「巻頭言」
ウェブアーカイブ New
政経東北速報解説版 毎月2回(1・15日)発行
続・事件屋 竹内陽一氏の仮面を剥ぐ
月刊政経東北
政経東北速報解説版
ご挨拶/会社概要
株式会社東邦出版
福島県福島市南矢野目鼓原1-2
TEL:024-554-6101(代表)
FAX:024-554-6103
Email:info@seikeitohoku.com

タイトル 掲載年月
■平成29年  

「都民ファースト」への違和感

29年 8月号

おごりが招く終わりの始まり

29年 7月号

「内輪化」がもたらしたもの

29年 6月号

最後まで釈然としなかった避難指示解除議論

29年 5月号

勘違い首長たちよ、目を覚ませ!

29年 4月号

「見せかけの復興」では意味がない

29年 3月号

復興とは何か

29年 2月号

「教師」である前に「大人」であれ

29年 1月号
■平成28年  

復興は簡単ではない

28年 12月号

原発災害の新たな局面

28年 11月号

税金は「使い放題できるカネ」ではない

28年 10月号

教訓を伝え続けるしかない

28年 9月号

避難指示解除議論の問題点

28年 8月号

争点は山ほどある

28年 7月号

復興の根底にあるもの

28年 6月号

「原発事故から5年」に思う

28年 5月号

民進党がやるべきこと

28年 4月号

「幕引き」ムードへの懸念

28年 3月号

卑劣な手段で原発再稼働

28年 2月号

原発作業員のさらなる労働環境改善を

28年 1月号
■平成27年  

揺らぎ始めた第二原発廃炉

27年 12月号

10兆円は下らない原発事故の後処理費用

27年 11月号

トップの情報発信のあり方

27年 10月号

汚染を生じさせた責任

27年 9月号

選挙のココが理解できない

27年 8月号

独裁の道を行く自民党・安倍政権

27年 7月号

「忖度」の限界

27年 6月号

三権分立は生きていた

27年 5月号

風化の抑止に必要なこと

27年 4月号

「体験」で伝える災害教訓

27年 3月号

賠償打ち切り案を示した国・東電の真の狙い

27年 2月号

選挙制度を改めよ

27年 1月号
■平成26年  

原発事故の呪い

26年 12月号

選択肢がなかった知事選

26年 11月号

眠る再生エネを活用せよ

26年 10月号

主導権を取り戻せ

26年 9月号

「風評被害」と「いわゆる風評被害」

26年 8月号

俯瞰する役割を放棄した佐藤知事

26年 7月号

福島県に先はあるか

26年 6月号

追求すべきは「安全」より「安心」

26年 5月号

切り札がモロすぎる

26年 4月号

「風化」と向き合う

26年 3月号

まだまだ課題山積の中間貯蔵施設

26年 2月号

特定秘密保護法が浮き彫りにしたもの

26年 1月号
■平成25年  

ようやく"本音"で議論できる

25年 12月号

原発賠償未請求者を救え

25年 11月号

被災者に寄り添っていない

25年 10月号

最悪の事態は目の前に迫っている

25年 9月号

大を投じて大を成す

25年 8月号

理念で終わらせるな

25年 7月号

"無関心"への違和感

25年 6月号

被災者には健康で文化的な生活を営む権利がある

25年 5月号

避難者が真に立ち直るために

25年 4月号

生活再建は長い道のりになる

25年 3月号

割りを食った都路村と小高町

25年 2月号

原発事故で分かったこと

25年 1月号
■平成24年  

水産業が壊滅する

24年 12月号

ムダなことをしているのかもしれない

24年 11月号

深澤晟雄氏をしのぶ

24年 10月号

不安な国の対応

24年 9月号

加速する過疎化

24年 8月号

創刊40周年を迎えて

24年 7月号

戦略を欠いた福島県政36年

24年 6月号

求められる大人(たいじん)の風格

24年 5月号

消費税増税の意味

24年 4月号

原発をやめる好機だ

24年 3月号

避難者への救済策を先に示せ

24年 2月号

祖先と子孫に詫びなければならない

24年 1月号
■平成23年  

存在意義が問われる県議会

23年 12月号

汚染土を国・東電に返そう

23年 11月号

続・玄葉光一郎さんのこと

23年 10月号

県産農産物の検査結果を表示せよ

23年 9月号

新たな大変動に備えよ

23年 8月号

最終処分地となる第一原発所在地

23年 7月号

避難手当を支給せよ

23年 6月号

放射能を早く止めてくれ!

23年 5月号

第一原発をコンクリートで覆え

23年 4月号

増税の前提

23年 3月号

財政危機に備えよ

23年 2月号

デフレ脱却が最優先課題

23年 1月号
■平成22年  

高齢者はすみやかに引退すべきだ

22年 12月号

嫌いな言葉

22年 11月号

一体感を欠く福島県

22年 10月号

福島県政を憂える

22年 9月号

玄葉光一郎さんのこと

22年 8月号

後れを取る福島県

22年 7月号

世襲・勉強秀才の限界

22年 6月号

国政の混迷と地方自治

22年 5月号

若い人へ

22年 4月号

期待外れの「東大卒」市長

22年 3月号

地方自治体の課題

22年 2月号

全失業者に生活扶助を

22年 1月号
■平成21年  

スケールが小さすぎる雇用対策

21年 12月号

菅野村長、順序が違うんじゃないの

21年 11月号

中途半端な「地域主権」

21年 10月号

狡猾な人事院

21年 9月号

老い

21年 8月号

竹原信一市長の挑戦

21年 7月号

非婚・パラサイト

21年 6月号

議員報酬日当制について

21年 5月号

日本の英知はどこにいる?

21年 4月号

後は野となれ

21年 3月号

おためごかしの雇用対策

21年 2月号

悪い予感

21年 1月号
■平成20年  

麻生”死に体”内閣

20年 12月号

折り返し点を迎える佐藤雄平県政

20年 11月号

小沢一郎氏は信用できるか

20年 10月号

期待感ゼロの福田改造内閣

20年 9月号

保身に走った野地教育長

20年 8月号

狂気の時代

20年 7月号

オレとワタシ

20年 6月号

存在感が希薄な県関係国会議員

20年 5月号

先人の知恵

20年 4月号

年金世代の責任

20年 3月号

役人のような昨今の政治家

20年 2月号

財政と災害が心配だ

20年 1月号
■平成19年  

言論の効用

19年12月号

格差社会が待っているもの

19年11月号

崩壊への道を歩む日本

19年10月号

恥も外聞もない

19年 9月号

賽銭泥棒

19年 8月号

中高年犯罪の意味するもの

19年 7月号

幸せだが不幸せ

19年 6月号

創刊35年を迎えて

19年 5月号

地方から変えよう

19年 4月号

仕事をしていない原子力安全・保安院

19年 3月号
そのまんま東知事誕生の意味
19年 2月号
「いい国」と思える国に
19年 1月号
■平成18年  
「死ぬな、殺すな」
18年12月号
少子化を考える
18年11月号
安倍晋三首相の課題
18年10月号
全体主義国ニッポン
18年 9月号
佐藤知事は辞任すべきだ
18年 8月号
将来は自分の掌中にある
18年 7月号
水俣病の教訓
18年 6月号
民主主義力の衰退
18年 5月号
1日当たり1400円の生活
18年 4月号
麻生太郎外相のこと
18年 3月号
古市滝之助さんのこと
18年 2月号
地方公務員の待遇引き下げを嗤う
18年 1月号
■平成17年  
生活できない議員報酬に改めよ!
17年12月号
とりとめのない話
17年11月号
日本の転回点
17年10月号
転落への道
17年 9月号
戦争の後始末をきちんとつけろ
17年 8月号
閉塞状態の日本
17年 7月号
第二の倏埓鎰
17年 6月号
日本外交の敗北
17年 5月号
国民を大切にしない日本
17年 4月号
無職者の逆襲
17年 3月号
いやな感じがする
17年 2月号
不安定社会への入口
17年 1月号
■平成16年  
借金中毒の県・市町村
16年12月号
合併しない自治体が問われるもの
16年11月号
時間がない!
16年10月号
静かな県知事選
16年 9月号
とりとめのない話
16年 8月号