会社概要

contents section

この記事は約4分で読めます。

ご挨拶

株式会社東邦出版が発行する月刊『政経東北』は、「東北圏と中央を結ぶユニークな政治経済情報誌」として、1972(昭和47)年7月1日に第一号を発行しました。

以来50年超、一度も遅滞することなく発行を続けてきました。地方雑誌としては稀有なこととされ、これもひとえに定期購読者並びに広告主各位の協賛のたまものと深く感謝しております。

現在は”情報化”の時代といわれています。マスメディアを通して毎日、あきれるほど多くの情報が皆様のお手許に届けられます。情報は速報性が重要ですが、垂れ流しではかえって情報に踊らされ、混乱をきたす場合があります。これらの情報をきちんと整理し、表面的な事象の深部に迫り、何が真実なのか——を皆様にお伝えするのが『政経東北』の役目と考え、努力を重ねています。

お陰をもちまして「面白く、役に立つ雑誌」という評価を各方面からいただいています。

本当の「豊かな福島県」をつくるため、時には権力を批判し、経済界への提言を行い、物事を判断する際の基準にしていただくことをコンセプトにしています。引き続き、ご愛読をお願い申し上げます。

また広告主の皆様におかれましては、『政経東北』を企業PRの手段として、さらに有効にご活用下さるようお願いするとともに、今後とも格別のご高配、ご支援を心からお願い申し上げます。

月刊政経東について

創刊1972(昭和47)年7月1日
発行部数15,000部
発行日毎月1回1日発売
編集発行人奥平 正
販売網1.県内主要書店
2.キオスクを通じた主要駅構内売店
3.定期購読者
購読者層主に福島県及び東北各県、関東における行政機関、各種団体、上場企業各社及び政財界人、一般企業の管理職、及び経営に従事の方々など。最近では幅広く購読者が増えています。
取引銀行東邦銀行、みずほ銀行、大東銀行

企業概要

企業名株式会社 東邦出版
住所960-0112 福島市南矢野目字鼓原1-2
TEL024-554-6101
FAX024-554-6103
代表者奥平正
創立・創業(西暦)1972年
資本金1,000万円
公式サイトhttps://www.seikeitohoku.com
法人番号2380001001024

related post

関連記事

  • 【福島県ユーチューバー】車中泊×グルメで登録者数10万人【戦力外

    【戦力外110kgおじさん】福島県内在住おじさんユーチューバーの素顔  テレビ離れが進む昨今、ユーチューブの全世代の利用率は9割だ。本誌の読者層であるシニア世代も、パソコンやスマートフォンで毎日のようにユーチューブを見ている人は多いはず。数あるチャンネルの中には、県内で活動するユーチューバーも多数存在する。その中に、異色のジャンル「車中泊&グルメ」系で人気を誇る「戦力外11

  • 原発事故「中通り訴訟」の記録著書発行

     中通りの住民で組織する「中通りに生きる会」(平井ふみ子代表)のメンバー52人が、原発事故で精神的損害を受けたとして、東京電力に計約9800万円の損害賠償を求めた訴訟は昨年3月、最高裁で判決が確定し、原子力損害賠償紛争審査会の中間指針で定める賠償基準を上回る計約1200万円を支払うよう東電に命じた。住民側の訴えが認められた格好である。 福島第一原発事故中通り訴訟野村吉太郎 作品社 2022

  • 福島刑務所

    【福島刑務所】集団暴行死事件を追う

    内部文書で判明した「刑務官の異変放置」  2022年3月25日、福島刑務所(福島市)の6人が収容された1室で、60歳の男性受刑者が意識不明の状態で見つかった。受刑者は病院に搬送され、3日後に死亡。同室の複数人から日常的に殴る蹴るの暴行を受けていた。傷害の罪に問われた3人の裁判では、脳梗塞の影響で失禁を繰り返していた被害者にいら立ち、標的にしていたことが判明。刑務官が事態を放置してい

  • 政経東北2022年1月号

    政経東北【2022年1月号】

    【政経東北 目次】JAふくしま未来に大規模税務調査/「三万石」で今何が起きているのか/”住民ゼロ”双葉町復興まちづくりの虚妄 BASEで購入する JAふくしま未来に大規模税務調査 特定業者との癒着を疑われた数又組合長 「三万石」で今何が起きているのか 先代教訓に”守りの経営”に徹す

  • 福島市「デコボコ除雪」今シーズンは大丈夫?

    業者を悩ます「費用対効果」 2021年末から断続的に降った大雪で、福島市中心部は除雪が十分に行われない「デコボコ除雪」が問題となった。降雪、気温の低下が続いたことも相まって起きた災害だ。これを教訓に、市は除雪体制強化のため1億2727万円の予算を計上。道路の除雪を担う建設業界は「今季も同じくらい雪が降ると考えなければ」と神経をとがらせている。  気象庁によると、

  • 【福島県 建設業界インタビュー】髙萩俊 県南建設事務所 所長

     ──福島県沖地震の被害について。  「当管内では、一部区間で道路を横断するボックスカルバートや、橋梁などの道路構造物と土工部の間で、小規模な段差、クラックなどが確認されましたが、特に大きな被害はありませんでした。今後も、地震が発生した場合等でも、被害を最小限に抑えられるように、適切に維持管理に努めていきます」  ──10月2日に国道349号下関工区が全線開通しました。  「当