ホーム
バックナンバー
ウェブ連載「巻頭言」
ウェブアーカイブ New
政経東北速報解説版 毎月2回(1・15日)発行
注文案内
月刊政経東北
政経東北速報解説版
ご挨拶/会社概要
株式会社東邦出版
福島県福島市南矢野目鼓原1-2
TEL:024-554-6101(代表)
FAX:024-554-6103
Email:info@seikeitohoku.com
 月刊『政経東北』は、「東北圏と中央を結ぶユニークな政治経済情報誌」として、昭和47年7月1日から一度も遅滞することなく発行を続けてきました。地方雑誌としては稀有なこととされ、これもひとえに定期購読者並びに広告主各位の協賛のたまものと深く感謝しております。ご挨拶

政経東北 November 2019(令和元年 11月号)CONTENTS
政経東北11月号

ウェブ特別公開「なぜ、福島は分断するのか」 New

 『政経東北』3月号から好評連載中の「なぜ、福島は分断するのか」(脳神経科学者・伊藤浩志さん)ですが、紙面に収まりきれなかった解説や図表などを加えた「完全版」をウェブで読めるようにしました。震災・原発事故後の福島県・インターネット上で見られた"分断"の正体を、脳科学の視点から丁寧に解き明かしていきます。更新作業が終わり次第、順次更新していきます。カテゴリーの「連載」を選択し、下に表示される記事の「続きを読む」をクリックすると全文が表示されます。


ウェブアーカイブ New

 「地元で話題になった記事をもう一度読みたいが、図書館に行ってバックナンバーを探すのが億劫」、「書店で売り切れていて買えなかった」という声に応え、昨年反響のあった記事をWEB上で公開することにしました。カテゴリー別に分かれており、興味のある記事をクリックすると全文が表示されます。収録記事は順次増やしていく予定です。


今月のピックアップ

ワイドリポート
 厄災再来 台風19号

 先月、東日本を襲った台風19号は各地に甚大な被害をもたらした。県内でも河川があちこちで氾濫し、中通りと浜通りで住宅や工場、車や道路などが水没した。深刻なのは全国で死者87名、行方不明者8名を数える中、福島県は死者29名、行方不明者1名と全国最多に上ることだ(10月26日現在)。災害を完全に防ぐのは不可能だが、減災に努めるのは当然のことだし、これほどの死者・行方不明者を出していいはずがない。果たして、行政の備え・対応は万全だったのか。被災地で起きていたさまざまな問題を、ワイドリポートで掘り下げる。

「再編必要」と名指しされた公的病院
 済生会福島、公立岩瀬、厚生連の反論

 9月26日、厚生労働省は全国の公立病院や日赤・済生会などが運営する公的病院のうち、再編・統合を検討する必要がある424病院の病院名を初めて公表した。高齢化に伴う医療費増大に備え、非効率な運営をしている病院に再編・統合の議論を促すのが目的だが、これまでの議論や地域事情を無視した一方的な公表に、対象となった病院や自治体から反発の声が相次いでいる。

お先真っ暗の「小高診療所」
 非現実的な南相馬市立総合病院300床化

 本誌1、4月号で南相馬市立小高病院の有床診療所への移行と同市立総合病院の病床再編計画についてリポートし、5月号ではこの問題に関する門馬和夫市長のインタビューを行った。それから半年近く経つが、一定の前進は見られるものの、同市の脆弱な医療環境は一向に改善される気配がない。

時効迫る原発賠償
 未請求者を救え

 原子力損害賠償紛争審査会は9月19日に会合を開き、東京電力福島第一原発事故を受けての「消滅時効」の論点について整理した。今回の原発賠償の消滅時効は「原賠時効特例法」によって10年に延長されたが、それに倣うと、2021年3月から順次時効を迎えることになる。

リオン・ドールに郡山移転のウワサ
 室井会津若松市長に不満募らす小池社長

 食品スーパーのリオン・ドールが郡山に本社を移すらしい――そんなウワサが会津若松市内で囁かれている。それだけでも興味深いが、ウワサの根源が「同社社長の発言」というから尚更興味は尽きない。一体、同社社長は何を語っていたのか。取材を進めると、同社社長が現市政に強い不満をにじませていることが分かってきた。



巻頭言 - ウェブ連載

役所・役場はこんな時こそ役に立て
 10月12日から13日にかけて襲来した台風19号により、県内では河川氾濫や土砂災害、浸水被害などが各所で発生し、甚大な被害をもたらした。さらに、25日夜にも激しい雨に見舞われ、さらなる被害を引き起こした。
 県の発表によると、10月26日13時現在で、死者29人、行方不明者1人、家屋の全壊・半壊・一部損壊1200棟余、浸水被害は床上・床下合わせて1万3000棟余、避難者数は1620人となっている。被害が大きかった地域では、いまなお不自由な生活を強いられているのだ...

続き


連載記事
のたり日乗(近藤憲明)
魚影を追ってふたたび(広澤和樹)
ふくしま歴史再発見(岡田峰幸)
東邦見聞録
中央から見たフクシマ(横田一)
ドクター熊坂の駆けて来た手紙(熊坂義裕)
艱難汝を玉にする(秋田義雄)
大和田新の伝えることの大切さ 伝わることの素晴らしさ
ふくしまに生きる
連載漫画(斎藤種魚)