ホーム
バックナンバー
ウェブ連載「巻頭言」
ウェブアーカイブ New
政経東北速報解説版 毎月2回(1・15日)発行
注文案内
月刊政経東北
政経東北速報解説版
ご挨拶/会社概要
株式会社東邦出版
福島県福島市南矢野目鼓原1-2
TEL:024-554-6101(代表)
FAX:024-554-6103
Email:info@seikeitohoku.com
 月刊『政経東北』は、「東北圏と中央を結ぶユニークな政治経済情報誌」として、昭和47年7月1日から一度も遅滞することなく発行を続けてきました。地方雑誌としては稀有なこととされ、これもひとえに定期購読者並びに広告主各位の協賛のたまものと深く感謝しております。ご挨拶

政経東北 January 2020(令和2年 1月号)CONTENTS
政経東北1月号

ウェブ特別公開「なぜ、福島は分断するのか」 New

 『政経東北』3月号から好評連載中の「なぜ、福島は分断するのか」(脳神経科学者・伊藤浩志さん)ですが、紙面に収まりきれなかった解説や図表などを加えた「完全版」をウェブで読めるようにしました。震災・原発事故後の福島県・インターネット上で見られた"分断"の正体を、脳科学の視点から丁寧に解き明かしていきます。更新作業が終わり次第、順次更新していきます。カテゴリーの「連載」を選択し、下に表示される記事の「続きを読む」をクリックすると全文が表示されます。


ウェブアーカイブ New

 「地元で話題になった記事をもう一度読みたいが、図書館に行ってバックナンバーを探すのが億劫」、「書店で売り切れていて買えなかった」という声に応え、昨年反響のあった記事をWEB上で公開することにしました。カテゴリー別に分かれており、興味のある記事をクリックすると全文が表示されます。収録記事は順次増やしていく予定です。


今月のピックアップ

最小限でいい原発避難区域再生
 優先すべきは「場所の復興」より「世帯の復興」

 本誌12月号に「双葉町復興拠点づくりは税金のムダ遣い 10%程度に過ぎない帰還希望者」という記事を掲載した。今回は「復興拠点」だけでなく、避難解除された地域も含めて、復興事業の是非について検証してみたい。

大玉汚染農地回復訴訟の呆れた判決
 許せない東電の主張と裁判所の忖度

 大玉村の農家らが東京電力を相手取り「放射能で汚染された農地を原発事故前の状態に戻せ」と訴えた民事訴訟の判決が昨年10月15日、福島地方裁判所で出された。原発事故をめぐっては「加害者=東電、被害者=農家」という構図は疑う余地がないはず。ところが判決は、東電の責任を棚上げし、農家に"後始末"を促す信じられないものだった。

高野病院理事が訴える原発賠償の問題点
 「のれんに腕押し」の原賠審

 文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会(原賠審)は昨年7月24、25の両日、県内の原発被災地を視察した。9月19日にはその結果を踏まえて同審査会が開催されたが、現地視察での「被災者の声」が生かされた形で議論が進められたとは言えない内容だった。今回の原賠審の視察は首長との意見交換などが主だったが、民間施設で唯一、意見交換の場が設けられた広野町の高野病院に、あらためて課題を聞いた。

衆院3区"玄葉王国"に地殻変動
 無所属で希薄になった存在感

 衆議院福島3区は「玄葉王国」と呼ばれるくらい、長年、玄葉光一郎氏(55、9期、無所属)が危なげなく当選を重ねてきた。そんな同区に"地殻変動"が起こりつつある。

飯郡山市富久山「疑問残る逢瀬川氾濫」
 簡易保険加入者協会の査定に不満の声

 昨年10月、郡山市内では阿武隈川をはじめ、複数の河川が氾濫し、流域の住宅が被害を受けた。被災地の一つ、同市富久山町久保田には逢瀬川氾濫により浸水した住宅が並び、被災者の生活再建も思うように進んでいないようだ。同地区を訪ね、さまざまな"怒り"の声に耳を傾けた。



巻頭言 - ウェブ連載

廃炉法の意義
 昨年12月に開かれた経済産業省の廃炉・汚染水対策チーム第5回会合で、福島第一原発の廃炉工程表「中長期ロードマップ」の改訂案が示された。今回で5回目の改訂。具体的には①初号機(2号機)の燃料取り出し方法の確定、②プール内燃料取り出し工法の検討・変更、③汚染水・廃棄物対策、④全体工程の一部見直しなどが行われた...

続き


連載記事
のたり日乗(近藤憲明)
魚影を追ってふたたび(広澤和樹)
ふくしま歴史再発見(岡田峰幸)
東邦見聞録
中央から見たフクシマ(横田一)
ドクター熊坂の駆けて来た手紙(熊坂義裕)
ふくしまに生きる