ホーム
バックナンバー
ウェブ連載「巻頭言」
ウェブアーカイブ New
政経東北速報解説版 毎月2回(1・15日)発行
続・事件屋 竹内陽一氏の仮面を剥ぐ
注文案内
月刊政経東北
政経東北速報解説版
ご挨拶/会社概要
株式会社東邦出版
福島県福島市南矢野目鼓原1-2
TEL:024-554-6101(代表)
FAX:024-554-6103
Email:info@seikeitohoku.com
 月刊『政経東北』は、「東北圏と中央を結ぶユニークな政治経済情報誌」として、昭和47年7月1日から一度も遅滞することなく発行を続けてきました。地方雑誌としては稀有なこととされ、これもひとえに定期購読者並びに広告主各位の協賛のたまものと深く感謝しております。ご挨拶

政経東北 August 2018(平成30年 8月号)CONTENTS
政経東北8月号

ウェブアーカイブ New

 「地元で話題になった記事をもう一度読みたいが、図書館に行ってバックナンバーを探すのが億劫」、「書店で売り切れていて買えなかった」という声に応え、昨年反響のあった記事をWEB上で公開することにしました。カテゴリー別に分かれており、興味のある記事をクリックすると全文が表示されます。収録記事は順次増やしていく予定です。


今月のピックアップ

甲状腺がん患者を支えるNPO法人「3・11甲状腺がん子ども基金」
 十分でない国・県のサポート体制

 原発事故当時18歳以下と事故後1年以内に生まれた子どもを対象に実施されている甲状腺検査では、結果が報告されるたびに甲状腺がんの確定者数が増えている。そうした甲状腺がん患者と家族を支援する取り組みを続けるのが、NPO法人「3・11甲状腺がん子ども基金」(以下子ども基金と略)だ。同基金の崎山比早子代表理事に、支援の内容や患者たちの様子、国・福島県・福島県立医大に対する意見などを語っていただくとともに、縮小論が燻る甲状腺検査のあるべき姿を考えた。

「第二原発廃炉」立地町に2つの難題
 合併議論の呼び水となるか

 東京電力は福島第二原発の全基廃炉の方針を固め、6月14日、同社の小早川智明社長が内堀雅雄知事にその意向を伝えた。いまの福島県の状況を考えると、その決断は当然のことと言えるが、一方で、立地町は「原発災害からの復興」という難題に取り組む中で、「原発依存からの脱却」というもう1つの大きな課題を抱えることになった。

政府方針に寄せた大飯原発判決
 大部分の原発再稼働を想定する新エネルギー計画

 地元住民団体が関西電力大飯原発(福井県おおい町)3、4号機の運転差し止めを求めた控訴審で、名古屋高裁金沢支部は7月4日、運転差し止めを命じた福井地裁の一審判決を取り消し、住民団体の請求を棄却する判決を言い渡した。これを受け、住民団体は「控訴審判決は国の方針に寄せた不当な判決だ」との声明を発表した。

行政処分を受けた須賀川・産廃業者
 「見せしめ事業停止」に業界は戦々恐々

 県は6月21日、須賀川市鉾衝の産業廃棄物処理会社・(株)サニー・クリエーション・プランニング(篠原幸一会長、柳沼伸一社長。以下サニー社と略)に対し、6月28日から7月27日まで「30日間の産業廃棄物処理業全部停止」とする行政処分を行った。同業者の間では"見せしめ処分"と同情する声も上がっているが、真相はどうなのか。

口座開設を拒否された元暴力団男性
 カタギ化を妨げる東邦銀行滝沢支店の対応

 会津若松市在住の70代の男性が、東邦銀行(福島市大町3―25、北村清士頭取)から明確な理由を告げられずに新規口座の開設を拒否された。男性は元暴力団員で、同行はコンプライアンスの観点から拒否したものとみられるが、そんな同行の対応に男性は「自分は"カタギ"になって30年以上経っており、到底納得がいかない」と激しく憤っている。



巻頭言 - ウェブ連載

中間貯蔵施設「30年後」に向けて
 除染で出た廃棄物を保管する中間貯蔵施設(大熊町、双葉町)が昨年10月に本格稼働した。以降、除染廃棄物を搬入しつつ、減容化施設や貯蔵施設などの建設を並行して進めている。貯蔵期間は30年間(2045年3月まで)で、その後は県外で最終処分する方針だが、最終処分場のメドは立っていない。
 そのため、「本当に30年後に運び出せるのか」との疑念は、立地町の関係者のみならず、多くの県民が感じているところだ...

続き


連載記事
編集長インタビュー
原発災害"ロストファミリー"の今と明日(北土社・佐藤昇司)
魚影を追ってふたたび(広澤和樹)
ふくしま歴史再発見(岡田峰幸)
東邦見聞録
中央から見たフクシマ(横田一)
ドクター熊坂の駆けて来た手紙(熊坂義裕)
艱難汝を玉にする(秋田義雄)
大和田新の伝えることの大切さ 伝わることの素晴らしさ
ふくしまに生きる
連載漫画(斎藤種魚)

お知らせ
平成24年6月号「本誌アンケート調査で判明 飯舘村民の本音と苦悩」で取り上げたアンケート集計結果を公表します。

飯舘村村民アンケート集計結果(1)
飯舘村村民アンケート集計結果(2)
飯舘村村民アンケート集計結果(3)