ホーム
バックナンバー
ウェブ連載「巻頭言」
ウェブアーカイブ
政経東北速報解説版 毎月2回(1・15日)発行
注文案内
月刊政経東北
政経東北速報解説版
ご挨拶/会社概要
株式会社東邦出版
福島県福島市南矢野目鼓原1-2
TEL:024-554-6101(代表)
FAX:024-554-6103
Email:info@seikeitohoku.com
 月刊『政経東北』は、「東北圏と中央を結ぶユニークな政治経済情報誌」として、昭和47年7月1日から一度も遅滞することなく発行を続けてきました。地方雑誌としては稀有なこととされ、これもひとえに定期購読者並びに広告主各位の協賛のたまものと深く感謝しております。ご挨拶

政経東北 January 2021(令和3年 1月号)CONTENTS
政経東北1月号

SNSリンク




今月のピックアップ

ハム贈与・匿名寄付に留まらない田村市政の闇
 本田市長と受注業社の仰天親密関係

 田村市の本田仁一市長(58)に複数の疑惑が同時浮上した。疑惑の背景には、本田氏の"偏った政治手法"が見え隠れする。この4年間、本田氏はどのような市政運営を行ってきたのか。取材から見えてきた「本田市政の深過ぎる闇」を浮き彫りにする。

中間貯蔵地権者会果てしない闘い
 用地交渉の経験とノウハウがない環境省

 県内各地の除染作業で出た廃棄物を保管する中間貯蔵施設が2015(平成27)年3月の搬入開始から約6年経過した。昨年11月末時点で、全体面積のうち約74・8%の契約が完了し、協力が得られる見込みの公有地を含め、92・5%を確保できるめどが立っている。しかし、一部地権者は「土地の補償額が通常の公共事業よりも低く設定されている」と主張し、この間団体交渉を繰り返している。

"無用の長物"となった原賠審
 原発賠償指針改定に消極的なワケ

 本誌昨年10月号に「双葉町VS原賠審の全容 実のない原賠審委員の被災地視察」という記事を掲載した。文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会(原賠審)が、昨年9月2日に南相馬市、大熊町、双葉町の原発被災地を視察し、3市町の首長・議長などと意見交換を行ったのだが、その席でどんなことが議題になったのか――等々をリポートしたもの。その後、原賠審は視察結果を踏まえて会合を行い、このほどその議事録が公開されたので、あらためて原賠審の視察と、その後の会合の中身をお伝えしたい。

伝承館は何を伝えたいのか(牧内昇平)
 展示内容の可視化で分かったダメさ加減

 昨年9月にできた「東日本大震災・原子力災害伝承館」(双葉町)。開館以来、多くのメディアが展示内容への批判を展開しているが、議論はなかなか深まらない様子だ。よりよい施設にするためには、具体的な展示内容をオープンにし、実際に足を運んでいない人も含めて議論できる環境を作る必要がある。伝承館の展示内容の「見える化」を、本誌で試みる。

コロナ第3波
 防御に欠かせない3本柱

 師走に入ってから新型コロナウイルスの第3波が本格化し、福島県においてもクラスター(感染者集団)発生が連続している。国や行政は注意喚起を繰り返し、リスクが高い行動の自粛を呼び掛けているが、それにも限界がある。検査を充実させ、徹底的な感染防御を行うとともに正当な休業補償を実施することでしか現状は変えられないのではないか。



巻頭言 - ウェブ連載

無症状感染の連鎖を止めよ
 福島市で新型コロナウイルスが猛威を振るっている。12月に入り、スナックと福島西部病院で大規模なクラスターが発生。同市の新型コロナ患者の病床使用率が70%を超えたことから、木幡浩市長は医師会と共同で「緊急警報」を発令した。県全体を見ても12月19日の検査分で県内最多となる35人の感染が確認されるなど、拡大の一途をたどっている...

続き


連載記事
のたり日乗(近藤憲明)
魚影を追ってふたたび(広澤和樹)
ふくしま歴史再発見(岡田峰幸)
東邦見聞録
フクイチ事故は継続中(春橋哲史)
中央から見たフクシマ(横田一)
廃炉の流儀(尾松亮)
高野病院異世界放浪記(高野己保)
選挙古今東西(畠山理仁)
ふくしまに生きる

ウェブ特別公開「なぜ、福島は分断するのか」

 『政経東北』3月号から好評連載中の「なぜ、福島は分断するのか」(脳神経科学者・伊藤浩志さん)ですが、紙面に収まりきれなかった解説や図表などを加えた「完全版」をウェブで読めるようにしました。震災・原発事故後の福島県・インターネット上で見られた"分断"の正体を、脳科学の視点から丁寧に解き明かしていきます。更新作業が終わり次第、順次更新していきます。カテゴリーの「連載」を選択し、下に表示される記事の「続きを読む」をクリックすると全文が表示されます。


ウェブアーカイブ

 「地元で話題になった記事をもう一度読みたいが、図書館に行ってバックナンバーを探すのが億劫」、「書店で売り切れていて買えなかった」という声に応え、昨年反響のあった記事をWEB上で公開することにしました。カテゴリー別に分かれており、興味のある記事をクリックすると全文が表示されます。収録記事は順次増やしていく予定です。