あなたは聖光学院野球部を「外人部隊」と嘆きますか?

 第105回全国高校野球選手権記念大会(通称=夏の甲子園)2回戦で聖光学院と仙台育英が激突した。早すぎる東北の「隣県対決」を惜しむ声の中、熱戦は9回2死、松尾学武選手(3年)が空振り三振を喫し、福島県代表として挑んだ聖光学院の夏は終わった。

 スコアは2―8。宮城県代表の仙台育英ナインの健闘を称え、夢の続きを託した聖光学院ナインだが、すぐには現実を受け止め切れなかった。ぼう然としたまま、試合後の習性として甲子園球場のアルプススタンドに向かって走り出した。

 昨夏も同じ仙台育英に準決勝で屈した。その年、隣県のライバル校は頂点まで駆け上がり、深紅の優勝旗を104回の歴史を誇る大会史上初めて、白河の関を陸路で越えて持ち帰った。伊達市にある聖光学院の野球部グラウンドから東北新幹線がよく見える。ナインはもの凄いスピードで素通りしていったグリーンの車体を「次こそは……」の思いを秘め、眺めていたかもしれない。

 悔しさを忘れない。1年間歯を食いしばって鍛え直し、夏の王者・仙台育英と全力で戦い、昨年以上に善戦したが、またも跳ね返された。

 アルプス席の前で、聖光学院ナインは横一線に整列して頭を下げた。そして顔を上げた瞬間、声を枯らして応援してくれた控え部員、支えてくれた学校関係者、成長を見守って来てくれた家族の姿を薄暮の中に見た。そして、彼らの感情が堰を切ってあふれ出た。

 「最後は笑って終わろうと思っていましたが、スタンドに行った時に涙が出てしまいました」

 そう言って号泣し、その涙を泥だらけのユニホームで拭った三好元気選手(3年)は神奈川県出身。聖光学院のユニホームに憧れて門を叩き、2年連続夏の甲子園で福島県代表として戦った。

 三好選手だけではない。親元を離れ、追い求めた日本一の目標には届かなかったが、涙の量は努力の量だ。スタンドに並ぶ親しい人たちの顔を見て流した大粒の涙は、今は気づかないかもしれないが、長い人生の中では金色の優勝メダルよりも確かな価値がある。彼らが2年半、福島の地を踏みしめて本気で野球に向き合い、成し遂げたものへの美しい対価だった。

 聖光学院の野球部を「外人部隊」と呼ぶ人がいる。100人を超える部員の中から今大会、ユニホームを着てベンチ入りを許されたメンバーは、わずか20人。うち、福島県出身は6人だった。数字だけを見れば、文字通り県外から来た人を意味する「外人」ばかりと揶揄することも、あながち見当違いではないかもしれない。

続きは福島県内の書店で「月刊『政経東北』10月号」をご購入いただくか、Amazonで注文して是非読んでください!

見出し

彼らを「外人」にしているのは誰か

覚悟を持って福島の地を踏みに来る

福島スポーツ界の競技力向上に貢献

彼らは地域の宝で、福島の未来

【政経東北】販売店一覧

Amazonで購入する

スポーツライター 羽鳥恵輔◇


はとり・けいすけ  1968年、福島県生まれ。プロ野球、高校野球、Jリーグ、高校サッカー、ボクシングなど広範囲に渡って取材を続ける。東北楽天ゴールデンイーグルスのファン。

関連記事

  1. 二本松市岩代地区でメガソーラー計画が浮上(2018年2月号)

    二本松市岩代地区でメガソーラー計画が浮上

  2. 薬剤師法違反を誤解された【南相馬市】の薬局

    薬剤師法違反を誤解された【南相馬市】の薬局

  3. ハラスメントを放置する三保二本松市長

    ハラスメントを放置する三保二本松市長

  4. 【南会津合同庁舎内で県職員急死!?】詳細を明かさない南会津地方振興局

    【南会津合同庁舎内で県職員急死!?】詳細を明かさない南会津地方振興局

  5. 放火から更生できなかった福島駅切り付け男

    放火から更生できなかった福島駅切り付け男

  6. 【エアーレース】室屋義秀さんが本格育成塾を設立

    室屋義秀さんが本格育成塾を設立【エアーレース】

  7. 【福島県ユーチューバー】車中泊×グルメで登録者数10万人【戦力外110kgおじさん】

    【櫻井・有吉THE夜会で紹介】車中泊×グルメで登録者数10万人【戦力外110kgおじさん】

  8. 【本宮市商工会】広がる「子ども食堂」支援の輪

    【本宮市商工会】広がる「子ども食堂」支援の輪

人気記事

  1. 政経東北【2024年6月号】
  2. 【福島市】メガソーラー事業者の素顔
  3. 丸峰観光ホテル社長の呆れた経営感覚【会津若松市】
  4. 【いわき市鹿島】エブリアを〝取得〟したつばめグループ
  5. 遅すぎた福島市メガソーラー抑制宣言
  6. 政経東北【2024年5月号】広告
  7. 丸峰観光ホテル社長の呆れた経営感覚【会津若松市】
  8. 吉野衆院議員「引退報道」の裏側

最近の記事

  1. 献上桃事件を起こした男の正体【加藤正夫】 【福島市飯坂献上桃詐取】警察を翻弄し続けたニセ東大教授
  2. 【西郷村】県立障害者支援施設の虐待【県けやき荘】 【西郷村】県立障害者支援施設の虐待【県けやき荘】
  3. 【衆院福島新3区最新情勢】未知の県南で奮闘する会津の与野党現職 【衆院福島新3区最新情勢】未知の県南で奮闘する会津の与野党現職
  4. 政経東北【2024年6月号】 政経東北【2024年6月号】
  5. 政経東北【2024年5月号】広告 政経東北【2024年5月号】
PAGE TOP