「矢祭町刀剣展示会」開催-矢祭町・矢祭町教育委員会

「矢祭町刀剣展示会」開催-矢祭町・矢祭町教育委員会

 矢祭町のユーパル矢祭にて、1月28・29日の2日間にわたり「矢祭町刀剣展示会」が開催された。今回で3回目の開催となり、会場には老若男女問わず多くの来場者が訪れ賑わいを見せていた。

 ここ数年はオンラインゲーム『刀剣乱舞―ONLINE―』の人気を皮切りに、若い女性を中心に日本刀が社会的ブームとなっており、美術工芸品としての日本刀にも注目が集まっている。

 展示会は、矢祭町文化記念事業の一環として企画され、主催は町と教育委員会で、郡山市新誠会と白河市歴史文化協会の協力で開催された。

 場内では県内で作られた刀を中心に約45振りが展示された。ガラスケース等で隔てず、間近でじっくり鑑賞できるのが最大の魅力。

 新選組局長・近藤勇の愛刀「会津虎徹 陸奥大掾三善長道」や副長・土方歳三の「会津十一代和泉守兼定」といった歴史上の偉人の愛刀に加え、重要美術品「古伯耆貞綱」などが展示された。貴重な刀を前に多くの来場者がその光景を写真に収めていた。

土方歳三の「会津十一代和泉守兼定」
土方歳三の「会津十一代和泉守兼定」

 そのほか、居合抜刀道演舞も披露された。

居合抜刀道演舞
居合抜刀道演舞



 今回の開催を振り返って、佐川正一郎町長は、「おかげさまで、今回の入場者数は過去最高の300人超を記録し、県内外から老若男女問わず幅広い世代の方々に来場していただき感謝しています。日本のものづくりの原点を刀から学ぶことができますし、文化や伝統の継承という意味でも、こうして間近に触れられる機会は貴重ですので、今後も刀剣をはじめ、絵画などを通して文化振興を図っていきたいと思います」と話した。

関連記事

  1. クマの市街地出没に脅かされる福島

    クマの市街地出没に脅かされる福島

  2. 親世代から続く喜多方昭和電工の公害問題

    【第1弾】親世代から続く喜多方昭和電工の公害問題

  3. 相馬玉野メガソーラー事業者が「渦中の所有者」の関与を否定(2021年11月号)

    相馬玉野メガソーラー事業者が「渦中の所有者」の関与を否定

  4. 【植松三十里】歴史小説家の講演会開催【矢祭町】

    【植松三十里】歴史小説家の講演会開催【矢祭町】

  5. 私が出産後も働き続けた理由【福島県内在住フリーライター みきこ】

    私が出産後も働き続けた理由

  6. 相馬玉野メガソーラー計画へ  の懸念(2021年10月号)

    相馬玉野メガソーラー計画への懸念

  7. 【梁川・バイオマス計画】傍観する市が果たすべき役割

    【梁川・バイオマス計画】傍観する伊達市が果たすべき役割

  8. 【ふくしま逢瀬ワイナリー】が赤字閉鎖!?【郡山】

    【ふくしま逢瀬ワイナリー】が赤字閉鎖!?【郡山】

人気記事

  1. 丸峰観光ホテル社長の呆れた経営感覚【会津若松市】
  2. 政経東北【2024年7月号】
  3. 【いわき市鹿島】エブリアを〝取得〟したつばめグループ
  4. 政経東北【2024年6月号】
  5. 各地の選挙に出続ける髙橋翔氏の素顔
  6. 【福島市】メガソーラー事業者の素顔
  7. 丸峰観光ホテル社長の呆れた経営感覚【会津若松市】
  8. 東山・芦ノ牧温泉を悩ます廃墟ホテル【会津若松】
  9. 郡山市フェスタ建て替えで膨らむシネコン待望論

最近の記事

  1. 政経東北【2024年7月号】 政経東北【2024年7月号】
  2. 献上桃事件を起こした男の正体【加藤正夫】 【福島市飯坂献上桃詐取】警察を翻弄し続けたニセ東大教授
  3. 【西郷村】県立障害者支援施設の虐待【県けやき荘】 【西郷村】県立障害者支援施設の虐待【県けやき荘】
  4. 【衆院福島新3区最新情勢】未知の県南で奮闘する会津の与野党現職 【衆院福島新3区最新情勢】未知の県南で奮闘する会津の与野党現職
  5. 政経東北【2024年6月号】 政経東北【2024年6月号】
PAGE TOP