【本宮市商工会】広がる「子ども食堂」支援の輪

【本宮市商工会】広がる「子ども食堂」支援の輪

 本宮市商工会は7月19日、本宮市社会福祉協議会のフードバンクと本宮市内の子ども食堂5施設に、食品や寄付金などを贈呈した。

 同商工会は社会貢献活動に積極的に取り組んでおり、昨年7月には同協議会と「フードバンク事業」(※外箱の変形など、通常の販売が困難な食品を事業者などから引き取り、福祉団体などに譲渡する活動)に関する基本協定を締結。会員事業所が同協議会を通して、食品や日用品などを無償提供している。

 支援活動は今回で3回目。回を増すごとに、活動の趣旨に賛同する市内の一般企業・団体からの寄付金、物資が増え続けている。

 同日、贈呈式が行われ、同協議会に加え、▽しらさわ有寿園「こころ食堂」、▽こども食堂「コスモス」、▽一般社団法人金の雫「みずいろ子ども食堂」、▽NPO法人東日本次世代教育支援協会 ふくしまキッズエコ食堂、▽「a sobeba lab(ア ソベバ ラボ)」の5施設に物資・寄付金が贈られた。今回の協賛会員は33社。物資はコメやカップラーメン、レトルト食品、缶詰、お茶、みそ、しょうゆ、烏骨鶏生卵、洗剤、児童図書、ビニール傘など。

 贈呈者を代表して、同商工会の石橋英雄会長が「多くの協賛会員に協力いただき感謝しています。企業が率先してこうした取り組みを進めることで、本宮市をさらに住みやすいまちにして、若者の市外流出を防ぎたい。引き続きご協力よろしくお願いします」とあいさつした。同協議会の古田部幸夫会長や子ども食堂の関係者らが謝辞を述べた。

 贈呈式を終えた石橋会長は「子ども食堂は、豊かな心を育み、安心して過ごせる居場所を提供しています。また、交流の場としても利用されており、高齢者の方も訪れています。地道な取り組みではありますが、数年先を見据えて活動を続けていきたいと思います」と抱負を述べた。

 加えて同商工会の現状について次のように話した。

 「会員事業所は少しずつ増えていますが、課題を抱えている会員事業所が多い。最重要課題は人手(後継者)不足で、若い世代の働き手がいても、市外に職を求めて流出していく現状があります。行政では定住人口を増やすための取り組みを打ち出しており、当商工会も微力ながらお手伝いさせてもらおうと考えています。こうした支援活動もその一環です。さまざまな活動を通して、本宮にも魅力ある職場がたくさんあることを広く知ってもらい、若者が地元に定着するきっかけになればと考えています」

 同事業は年2回実施しており、次回は12月予定。同商工会では子ども食堂などへの支援活動を継続し、子どもたちの育成支援や地域のにぎわい創出に貢献していく考えだ。

関連記事

  1. 【会津若松・喜多方・福島】市街地でクマ被害多発のワケ

    【クマ被害過去最多】市街地でクマ被害多発の理由

  2. 【会津北部大雨】被災地を行く

    【会津北部大雨】被災地を行く

  3. 浪江・霊園改修問題で地縁団体が文書送付

    浪江・霊園改修問題で地縁団体が文書送付

  4. 10年足踏み【郡山旧豊田貯水池】の利活用

    10年足踏み【郡山旧豊田貯水池】の利活用

  5. なぜ若者は選挙に行かないのか【福島大学】

    なぜ若者は選挙に行かないのか【福島大学】

  6. 【伊達市】水不足が露見したバイオマス発電所

    【伊達市】水不足が露見したバイオマス発電所

  7. 【只見線】全線再開通フィーバーから8カ月

    【只見線】全線再開通フィーバーから8カ月

  8. 【二本松市岩代地区】民間メガソーラー事業に不安の声(2021年3月号)

    【二本松市岩代地区】民間メガソーラー事業に不安の声

人気記事

  1. 政経東北【2024年6月号】
  2. 【福島市】メガソーラー事業者の素顔
  3. 【いわき市鹿島】エブリアを〝取得〟したつばめグループ
  4. 丸峰観光ホテル社長の呆れた経営感覚【会津若松市】
  5. 遅すぎた福島市メガソーラー抑制宣言
  6. 政経東北【2024年5月号】広告
  7. 丸峰観光ホテル社長の呆れた経営感覚【会津若松市】
  8. 吉野衆院議員「引退報道」の裏側

最近の記事

  1. 献上桃事件を起こした男の正体【加藤正夫】 【福島市飯坂献上桃詐取】警察を翻弄し続けたニセ東大教授
  2. 【西郷村】県立障害者支援施設の虐待【県けやき荘】 【西郷村】県立障害者支援施設の虐待【県けやき荘】
  3. 【衆院福島新3区最新情勢】未知の県南で奮闘する会津の与野党現職 【衆院福島新3区最新情勢】未知の県南で奮闘する会津の与野党現職
  4. 政経東北【2024年6月号】 政経東北【2024年6月号】
  5. 政経東北【2024年5月号】広告 政経東北【2024年5月号】
PAGE TOP