郡山市・警察が放置してきた危険【交差点一覧】

郡山市・警察が放置してきた危険【交差点一覧】

 1月に郡山市大平町で発生した交通死亡事故を受けて、市が危険な市道交差点をピックアップしたところ、222カ所が危険個所とされた。対象となる交差点で対策が講じられたが、これまで改善を要望し続けてきた住民は「死亡事故が起きて初めて動くのか」と冷ややかな反応を見せる。(志賀)

「改善要望を無視された」と嘆く住民

「改善要望を無視された」と嘆く住民【郡山市大平町の事故現場】
郡山市大平町の事故現場

 郡山市大平町の交通死亡事故は、市道交差点で乗用車が軽乗用車に衝突し、近くに住む一家4人が死亡したというもので、全国的に報道された。現場となった交差点は一時停止標識がなく、道路標示が消えかかっていたため、市は市道交差点の総点検に着手した。

 危険交差点は各地区の住民の意見を踏まえて抽出された。対象基準は「一時停止の規制が無く優先道路が分かりづらい」、「出会い頭の事故が発生しやすい」、「スピードが出やすく大事故につながりやすい」、「ヒヤリハットの事例が多い」など。合計222カ所が挙げられ、郡山国道事務所、福島県県中建設事務所、警察(郡山署、郡山北署)と連携しながら現場を確認。その結果、180カ所で新たな対策が必要とされた。

 道路の区画線(白線)やカーブミラー、街灯は道路管理者(国、県、市町村)の管轄。「横断歩道」などの道路標示、道路標識、信号機などは都道府県公安委員会(警察)の管轄となっている。180カ所のうち市対応分は152カ所(区画線、道路標示78カ所、交差点内のカラー舗装44カ所、カーブミラー設置30カ所)、公安委員会対応分は28カ所(停止線の補修等28カ所)だった。

 それ以外の42カ所は道路管理者、公安委員会でできる対策がすでに講じられているとして「対策不要」とされた。とは言え、各地区の住民らが危険と感じているのに放置するのは違和感が残る。そうした姿勢が事故につながるのではないか。

 ピックアップされた危険交差点は別表の通り。グーグルストリートビューを活用して現地の状況を確認すると、見通しが悪かったり、道路標示が消えて見えにくくなっているところが多い。

郡山市の危険交差点222カ所

【郡山市の危険交差点222カ所】中田町高倉字三渡(221番)。坂・カーブ・三叉路で見通しが悪い
中田町高倉字三渡(221番)。坂・カーブ・三叉路で見通しが悪い

※市発表の資料を基に作成。要望理由の「ヒヤリ」は事故発生の恐れがある(ヒヤリハット)、「見通し」は見通しが悪い、「優先」は優先道路が分かりにくい個所。対策の「市」、「公安」は点検の結果、市、公安委員会のいずれかが対応した個所。「なし」は市・公安委員会による新たな対策が不要とされた個所。

住所     要望理由対策
1並木五丁目1-8ヒヤリなし
2桑野五丁目1-5ヒヤリなし
3桑野四丁目4-71ヒヤリ公安
4咲田一丁目174-4ヒヤリなし
5咲田二丁目54-5ヒヤリ公安
6若葉町11-5見通しなし
7神明町136-2ヒヤリ公安
8長者二丁目5-29見通しなし
9緑町13-13見通しなし
10亀田二丁目21-7見通し
11島一丁目9-20ヒヤリ
12島一丁目137ヒヤリ
13島一丁目147ヒヤリ
14島二丁目32、34、36、37の角見通しなし
15台新二丁目7-13見通し
16台新二丁目15-11見通し
17静町35-23見通し
18静町106-1見通し
19鶴見担二丁目130ヒヤリ
20菜根一丁目176ヒヤリなし
21菜根一丁目296-1ヒヤリ
22菜根二丁目6-12見通し
23開成二丁目457-2ヒヤリ
24香久池一丁目129-1ヒヤリ
25図景二丁目105-2ヒヤリ公安
26五百渕山21-4見通し
27名倉67-1見通し
28名倉78-2ヒヤリ
29久留米二丁目101ヒヤリ
30久留米三丁目26-5ヒヤリなし
31久留米三丁目28-1ヒヤリ
32久留米三丁目96-4ヒヤリ
33久留米三丁目116-5見通し
34久留米五丁目3-1ヒヤリ公安
35久留米五丁目111-35見通し
36横塚一丁目63-1ヒヤリ
37横塚一丁目126-4ヒヤリ公安
38横塚六丁目26ヒヤリなし
39方八町二丁目94-2優先なし
40方八町二丁目245-4ヒヤリ公安
41芳賀一丁目67ヒヤリ
42緑ケ丘西二丁目6-9優先公安
43緑ケ丘西三丁目11-7見通し
44緑ケ丘西四丁目8-5見通し公安
45緑ヶ丘西四丁目10-8見通し
46緑ヶ丘西四丁目14-2見通し
47緑ケ丘東一丁目2-20ヒヤリなし
48緑ケ丘東二丁目11-1見通しなし
49緑ケ丘東二丁目19-13優先
50緑ケ丘東五丁目1-1見通し
51緑ケ丘東六丁目10-1見通し
52緑ヶ丘東八丁目 (前田公園前十字路)見通し
53大平町字前田116-2見通し
54大平町字御前田53見通しなし
55大平町字御前田59-45見通し
56大平町字向川原80-4見通しなし
57荒井町字東195見通し
58阿久津町字風早87-2見通し
59舞木町字岩ノ作44-6見通し
60町東一丁目245見通しなし
61町東二丁目67見通しなし
62町東三丁目142-2見通し
63新屋敷1-91見通し
64富田町字墨染18見通し公安
65富田町字十文字2見通し
66富田町字大十内85-246ヒヤリ
67富田町字音路90-20見通し
68富田東二丁目1優先
69富田町字細田85-1優先公安
70富田町日吉ヶ丘53優先
71大槻町字西宮前26ヒヤリ公安
72大槻町字南反田18−3ヒヤリなし
73大槻町字室ノ木33-8見通し
74大槻町字原田東13-93ヒヤリ
75大槻町字葉槻22-1優先
76笹川一丁目184-32見通し
77安積一丁目155見通し
78安積一丁目38見通しなし
79安積町二丁目350番1見通し公安
80安積町日出山字一本松100番18見通しなし
81三穂田町川田二丁目62-2見通し
82三穂田町川田三丁目156見通し
83三穂田町川田字駒隠1-4見通し公安
84三穂田町川田字小樋41見通し公安
85三穂田町川田字北宿3-2見通し公安
86三穂田町野田字中沢目9見通し公安
87三穂田町鍋山字松川53見通しなし
88三穂田町駒屋二丁目62ヒヤリ
89三穂田町駒屋字上佐武担2-2見通し公安
90三穂田町八幡字北山10-13見通し公安
91三穂田町八幡字北山7-12見通しなし
92三穂田町富岡字下茂内56見通し
93三穂田町富岡字下間川67ヒヤリ公安
94三穂田町富岡字藤沼18-9見通しなし
95三穂田町山口字横山5-4見通しなし
96三穂田町山口字川底原22優先公安
97逢瀬町多田野字清水池125見通し
98逢瀬町多田野字上中丸56-1見通し
99逢瀬町多田野字家向61見通し
100逢瀬町多田野字柳河原77-2優先
101逢瀬町多田野字南原26見通し
102逢瀬町河内字西荒井123優先
103逢瀬町河内字藤田185見通し公安
104片平町字庚坦原14-507優先
105片平町字元大谷地27-3優先
106片平町字森48-2優先
107片平町字新蟻塚99-5見通し
108片平町字樋下68優先
109東原一丁目44見通しなし
110東原一丁目120見通し
111東原一丁目229見通し
112東原一丁目250見通し
113東原二丁目127見通し
114東原二丁目141見通し
115東原二丁目235見通し
116東原三丁目246ヒヤリ
117喜久田町字双又30-19見通し
118喜久田町堀之内字北原6-9優先
119喜久田町早稲原字伝左エ門原優先
120日和田町高倉字牛ケ鼻130-1優先
121日和田町高倉字鶴番367-1優先
122日和田町高倉字南台23-1見通し公安
123日和田町梅沢字衛門次郎原123優先
124日和田町梅沢字衛門次郎原150-2見通し
125日和田町梅沢字新屋敷115-1見通し
126日和田町字鶴見坦139優先
127日和田町字鶴見坦88優先
128日和田町字鶴見坦156優先
129日和田町字沼田29-1見通しなし
130日和田町字原町25-1見通し
131日和田町字水神前145優先
132日和田町字水神前169優先
133日和田町字水神前184優先
134日和田町字境田17優先
135日和田町字鶴見坦40-54見通し公安
136八山田二丁目204優先
137八山田三丁目204優先
138八山田四丁目160優先
139八山田五丁目452優先
140八山田西二丁目242優先なし
141八山田西三丁目149優先なし
142八山田西三丁目164優先なし
143八山田西四丁目9優先
144八山田西四丁目30優先
145八山田西四丁目83優先なし
146八山田西四丁目179優先
147八山田西五丁目284優先
148富久山町八山田字細田原3-18見通し
149富久山町八山田字坂下1-1優先
150富久山町八山田字舘前103-2見通しなし
151富久山町八山田字菱池17-4見通し
152富久山町久保田字本木93見通し
153富久山町久保田字我妻117優先
154富久山町久保田字我妻136優先なし
155富久山町久保田字石堂35-4優先
156富久山町久保田字石堂22優先
157富久山町久保田字本木54-2見通しなし
158富久山町久保田字我妻79-1見通し
159富久山町久保田字麓山115-3見通しなし
160富久山町久保田字麓山54-3見通しなし
161富久山町久保田字三御堂12-2優先
162富久山町久保田字三御堂15-1優先なし
163富久山町久保田字下河原123-1優先
164富久山町久保田字下河原38-2優先
165富久山町久保田字古坦131-4優先なし
166富久山町久保田字三御堂122-2優先
167富久山町久保田字三御堂129-10優先なし
168富久山町福原字猪田29-1見通し
169富久山町福原字左内90-63見通し
170湖南町三代字原木1148優先
171湖南町三代字御代1155-2優先
172湖南町福良字畑田181-1優先
173湖南町舟津字ヲボケ沼1見通し
174湖南町舘字上高野52優先
175熱海町安子島字北原24-54見通し
176上伊豆島一丁目25見通し
177田村町小川字岡市6見通し
178田村町小川字戸ノ内80-4見通し
179田村町山中字上野90-2見通し
180田村町山中字鬼越91-1見通し
181田村町山中字鬼越518-3優先
182田村町山中字枇杷沢264-6見通し
183田村町金沢字大谷地234-10見通し
184田村町谷田川字北田9見通し
185田村町谷田川字町畑11-1見通しなし
186田村町守山字湯ノ川85-1見通し
187田村町正直字南17-1見通し
188田村町正直字北22-3見通し
189田村町金屋字水上35-1見通し
190田村町金屋字水上4見通し
191田村町金屋字マセ口14-2見通し
192田村町金屋字西川原80-3見通しなし
193田村町上行合字北古川97優先
194田村町下行合字古道内122-2優先
195田村町下行合字宮田130-25優先
196田村町手代木字三斗蒔34優先
197田村町手代木字永作236-1優先
198田村町桜ケ丘一丁目59優先公安
199田村町桜ケ丘一丁目170見通し公安
200田村町桜ケ丘一丁目226見通しなし
201田村町桜ケ丘二丁目1見通し
202田村町桜ケ丘二丁目2見通し
203田村町桜ケ丘二丁目27見通し
204田村町桜ケ丘二丁目90見通し
205田村町桜ケ丘二丁目115、297-17見通し
206田村町桜ケ丘二丁目144見通し公安
207田村町桜ケ丘二丁目203見通し
208田村町桜ケ丘二丁目295-54見通し
209田村町桜ケ丘二丁目365見通し
210田村町守山字権現壇165-1見通し
211西田町鬼生田字前田407優先公安
212西田町鬼生田字石堂1194優先
213西田町土棚字内出694-2見通しなし
214中田町下枝字五百目55見通し
215中田町柳橋字石畑520-9見通し
216中田町柳橋字久根込564優先
217中田町柳橋字小中里217優先
218中田町牛字縊本字袋内1-1優先
219中田町高倉字弥五郎253優先
220中田町高倉字弥五郎202見通し
221中田町高倉字三渡13-2見通し
222中田町高倉字宮ノ脇198-1見通し



 また、緑ヶ丘団地などのニュータウン、住宅地も目立つ。住宅が立ち並び見通しが悪いのに、交通量が多いことが要因と思われる。

 住民は地区内の危険交差点について、どう感じているのか。

 7カ所の危険交差点がピックアップされた久留米地区の國分晴朗・久留米町会連合会長は「子どもたちが通るところもあるので心配」と語る。

 「久留米は人口が多い住宅地(住民基本台帳人口6350人=1月1日現在)。地区内の子どもたちは柴宮小学校やさくら小学校に通っているが、交通量の多い通りを歩くので、事故につながらないか心配です」

 例えば、久留米公民館近くの交差点(30番、写真参照)。四方向に一時停止標識が設置されているが、西側(内環状線側)から来た車は建物や駐車車両が視界に入り、交差車両が確認しづらい。

久留米三丁目の交差点(30番)。住宅地だが交通量が多い
久留米三丁目の交差点(30番)。住宅地だが交通量が多い



 東側から来る車からは、150㍍先に内環状線の信号が見える。青信号のタイミングには、一時停止をおざなりにして、急いで発信する車があるという。そうした中、危うく事故になる状況がたびたび発生しているようだ。もっとも、一時停止標識は設置されているので、今回の点検では「対策不要」となった。

 同連合会では子どもたちの交通安全を守るため、関係機関と連携し、毎年1回、危険個所チェックを実施。地元住民は「柴宮小・地域子ども見守り隊」を組織して登下校時の見守り活動を行っており、市の2022年度セーフコミュニティ賞を受賞した。さらに年2回、市道路維持課の担当者を招き、各町会長が危険個所の改善を直接要望する場も設けている。ただ、「『近すぎる間隔で信号は設置できない』などの理由で要望は受け入れられておらず、危険交差点の解消には至っていない」(同)。

「本気度が感じられない」

【「本気度が感じられない」】片平町字新蟻塚(107番)。ブロック塀で右側からの車が全く見えない
片平町字新蟻塚(107番)。ブロック塀で右側からの車が全く見えない

 郊外部の片平町でも、危険交差点が5カ所挙げられていた。片平町区長会の鹿又進会長は「いずれも見通しが悪かったり、優先順位が分かりづらい個所。改善されることに期待したい」と話す。

 一方、同地区内で団体責任者を務める男性は「これまで信号機設置などを要望し続けてきたが、実現しなかった。市内で死亡事故が起きてから動き出すのでは遅すぎる」と憤る。

 「朝夕は市中心部に向かう通勤車両が多い。通学する児童・生徒が危険なので、市や公安委員会に信号機設置を要望してきたが、実現しなかった。今回の点検も『対策不要』とされた個所が40カ所以上あるし、そもそも『いつまでにどう対策する』というスケジュールも明確ではない。交通死亡事故を受けてとりあえず動いた感がアリアリで本気度が感じられません。結局、見守り隊など地元住民の〝共助〟で何とか対応するしかないのでしょう」

 公安委員会の窓口である郡山署に問い合わせたところ、「住民から要望を受けて県単位で優先順位を付け、限られた予算で対策を講じている。すべての要望に応えられないことはご理解いただきたい」と説明した。ちなみに、県警本部交通規制課が公表している報告書には「人口減少による税収減少などで財源不足が見込まれる中、信号機をはじめとした交通安全施設等の整備事業予算も減少する」との見通しが記されている。今後、安全対策の要望はますます通りにくくなるのかもしれない。

 市道路維持課によると、定期的に道路パトロールは行っているが、総延長約3400㌔の市道を細かくチェックするのは困難なうえ、これまでは路面の穴、ガードレールや側溝蓋の損傷など異常個所を重点的にチェックしていたという。その結果、222カ所もの危険交差点を見過ごしてきたことになる。

 事故を受けて郡山国道事務所、県中建設事務所も過去に事故が発生した交差点などを洗い出し、国道3カ所、県道41カ所が抽出された。

 国道は国道49号沿いの田村町金谷、開成五丁目、桑野二丁目の各交差点。いずれも信号機がない交差点で、2017~20年の4年間で出合い頭の事故が2件以上発生している。担当者によると、現在、対応策を検討中とのこと。

 県道に関しては場所を公表していないそうだが、現地を確認したうえで、必要に応じて消えかかった区画線を引き直すなど、緊急的に対応しているという。

 悲惨な事故が二度と発生しないようにするためには、まず地区住民の声を聞き、危険個所を関係機関同士で共有する仕組みをつくる必要があろう。そのうえで、既存の対策を講じてもなお危険性が高い場所に関しては、市が中心となり違うアプローチの対策を模索していくべきだ。マップアプリ・SNSを活用した注意呼びかけ、交通安全啓蒙の看板設置、見守り隊活動補助金の拡充などさまざまな方法が考えられる。あらゆる対策により改善していく姿勢が求められる。

死亡事故公判の行方

【死亡事故公判の行方】大平町の交通死亡事故現場(事故直後に撮影)
大平町の交通死亡事故現場(事故直後に撮影)

 さて、危険交差点総点検の発端となった大平町での死亡事故に関しては、自動車運転処罰法違反(過失運転致死)の罪に問われた高橋俊被告の初公判が3月16日、地裁郡山支部で開かれた。

 報道によると、検察側は冒頭陳述などで▽事故当時は時速60㌔で走行、▽本来約80㍍手前で交差点を認識できるはずなのに、前方不注意で、気付いたのは約30㍍手前だった、▽22・3㍍手前で軽乗用車に気付きブレーキをかけたが間に合わなかったと主張。禁錮3年6月を求刑した。これに対し、弁護側は▽脇見運転や危険運転はしていない、▽道路の一時停止線が消えかかっているなど「事故を誘発するような危険な状況だった」として、執行猶予付き判決を求めた。

 本誌記者2人は、傍聴券を求めて抽選に並んだが2人とも外れた。券を手にし、傍聴することができた裁判マニアが話す。

 「傍聴席には被害者の遺族十数人の席が割り当てられていました。被告は背広にネクタイを締めた姿で出廷し、検察官が読み上げる起訴状の内容について『間違いありません』と認めました。テレビや新聞では『高橋被告は知人女性からの連絡を待ちながら目的地を決めずに車を運転していた』と報じていますが、それは事実の一部。裁判では、高橋被告は既婚者で子どもがいることが明かされました。知人女性と連絡を取り合い、待ち合わせ場所を決める中での事故だったのではないでしょうか。事故後は保釈金を払い、身体拘束を解かれました。香典を遺族に渡そうとしましたが会うのを拒否され、親族が代わりに渡しています」

 弁護側の証人として、母親と職場の上司が出廷。上司は営業の仕事態度は真面目であったこと、罪が確定するまでは休職中であることを述べた。死亡した一家の親族も意見陳述し、「法律で与えられる最大の刑罰を科してほしい」、「4人の未来を返してほしい」と訴えた。高橋被告は声を震わせながら「本当に申し訳ないことをした」、「二度と運転しない」と何度も繰り返したという。

 裁判は即日結審。判決は4月10日午前10時からの予定。危険交差点への対策と併せて、公判の行方にも注目したい。

志賀 哲也

しが・てつや

1980(昭和55)年生まれ。福島市出身。
大手食品スーパーで勤務後、東邦出版に入社。

【最近担当した主な記事】
南相馬市ブローカー問題「借金踏み倒し」被害者の嘆き(2023年7月号)
相馬市の醤油醸造業者が殊勲(2023年5月号)

関連記事

  1. ハラスメントを放置する三保二本松市長

    ハラスメントを放置する三保二本松市長

  2. 会津地方の農家を襲う「8050問題」

    会津地方の農家を襲う「8050問題」

  3. 【本宮市商工会】広がる「子ども食堂」支援の輪

    【本宮市商工会】広がる「子ども食堂」支援の輪

  4. 【福島県】相次ぐ公務員の性犯罪(男性に性交強いた富岡町男性職員)

    【福島県】相次ぐ公務員の性犯罪

  5. 【福島県ユーチューバー】車中泊×グルメで登録者数10万人【戦力外110kgおじさん】

    【櫻井・有吉THE夜会で紹介】車中泊×グルメで登録者数10万人【戦力外110kgおじさん】

  6. 福島市の学童が月謝一括払い要望

    福島市の学童が月謝一括払い要望

  7. 【FSGカレッジリーグ】仮想空間で授業を実施【実証事業の様子】

    郡山市の専門学校【FSGカレッジリーグ】仮想空間で授業を実施

  8. 福島市【さくらゼミ】閉鎖の内幕

    福島市【さくらゼミ】閉鎖の内幕

人気記事

  1. 政経東北【2024年6月号】
  2. 【福島市】メガソーラー事業者の素顔
  3. 丸峰観光ホテル社長の呆れた経営感覚【会津若松市】
  4. 【いわき市鹿島】エブリアを〝取得〟したつばめグループ
  5. 遅すぎた福島市メガソーラー抑制宣言
  6. 丸峰観光ホテル社長の呆れた経営感覚【会津若松市】
  7. 政経東北【2024年5月号】広告
  8. 吉野衆院議員「引退報道」の裏側

最近の記事

  1. 献上桃事件を起こした男の正体【加藤正夫】 【福島市飯坂献上桃詐取】警察を翻弄し続けたニセ東大教授
  2. 【西郷村】県立障害者支援施設の虐待【県けやき荘】 【西郷村】県立障害者支援施設の虐待【県けやき荘】
  3. 【衆院福島新3区最新情勢】未知の県南で奮闘する会津の与野党現職 【衆院福島新3区最新情勢】未知の県南で奮闘する会津の与野党現職
  4. 政経東北【2024年6月号】 政経東北【2024年6月号】
  5. 政経東北【2024年5月号】広告 政経東北【2024年5月号】
PAGE TOP