目次

contents section

この記事は約0秒で読めます。
  • 政経東北【2023年1月号】
    【政経東北 目次】衆院区割り改定に翻弄される若手議員/存在感が希薄な福島県議会/合併しなかった県内自治体のいま(大玉村編) 衆院区割り改定に翻弄される若手議員 ベテランに遠慮し口籠る上杉氏と馬場氏 存在感が希薄な福島県議 […]
  • 政経東北【2022年12月号】
    【政経東北 目次】合併しなかった市町村のいま(国見町・桑折町編)/会津若松市巨額公金詐取事件の舞台裏/”恒三イズム”の継承者は誰だ 合併しなかった市町村のいま(国見町・桑折町編) 政指標は良化、独自の「創造性」はイマイチ […]
  • 政経東北【2022年11月号】
    【政経東北 目次】座談会放射能を測り続ける人たち/田村市職員「連続収賄事件」の真相/福島刑務所集団暴行死事件を追う 座談会放射能を測り続ける人たち 測定を通して見えた原発被災地の課題 田村市職員「連続収賄事件」の真相 賄 […]
  • 政経東北【2022年10月号】
    【政経東北 目次】公開資料で見えた知事の懐事情/混沌状態の郡山政界事情/ワイドリポート郡山市民の憂い 公開資料で見えた知事の懐事情 検証・内堀県政第3弾 ワイド特集 混沌状態の郡山政界事情 ワイドリポート郡山市民の憂い […]
  • 政経東北【2022年9月号】
    【政経東北 目次】県政研究第2弾/解散危機に揺れる阿武隈川漁協/未完成の田村市屋内遊び場”歪んだ工事再開” 県政研究第2弾 内堀知事が会う人、会わない人(ジャーナリスト牧内昇平) 解散危機に揺れる […]
  • 政経東北【2022年8月号】
    【政経東北 目次】検証・内堀県政8年/更生できなかった福島駅切り付け男/福島駅「東西一体化構想」に無関心な木幡市長 検証・内堀県政8年 定例会見で見えた独自の話法 更生できなかった福島駅切り付け男 保護観察所への恨みから […]
  • 政経東北【2022年7月号】
    【政経東北 目次】高宮県議(二本松市選出)を襲った怪文書の真偽/会津藩校日新館「売却」の舞台裏/県内13市議会コロナ禍の政務活動費をチェック 高宮県議(二本松市選出)を襲った怪文書の真偽 ため池除染めぐり県外業者と暗闘 […]
  • 政経東北【2022年6月号】
    【政経東北 目次】フィリピン人女性殺害犯人”三股交際”の報い/郡山爆発事故市が関係6社を提訴/増子参院議員「突然の引退表明」舞台裏 フィリピン人女性殺害犯人”三股交際”の報 […]
  • 政経東北【2022年5月号】
    【政経東北 目次】ハマツは立ち直ることができるか/老舗結婚式場で不可解な役員交代/裏磐梯グランデコ「身売り」の背景 ハマツは立ち直ることができるか コロナと二度の地震で”トリプルパンチ” 老舗結婚 […]
  • 政経東北【2022年4月号】
    【政経東北 目次】3・11より揺れた福島県沖地震/青木フルーツ「上場」を妨げる経営課題/浅川小学校「コロナ集団感染」の教訓 3・11より揺れた福島県沖地震 浜通り北部、伊達地方を行くう 青木フルーツ「上場」を妨げる経営課 […]
  • 政経東北【2022年3月号】
    【政経東北 目次】甲状腺がん患者が東電を集団提訴/大震災・原発事故「復興予算」の全容/富岡町立ち入り規制緩和区域を行く 甲状腺がん患者が東電を集団提訴 「県民に寄り添う」ことの意味を問う 大震災・原発事故「復興予算」の全 […]
  • 政経東北【2022年2月号】
    【政経東北 目次】リオン・ドール時流を意識した変革の軌跡/平成の大合併を検証する③―二本松市/南会津町長選現職と元職の”探り合い” リオン・ドール時流を意識した変革の軌跡 メディアに露出しない小池 […]

related post

関連記事

  • 政経東北【2022年3月号】

    【政経東北 目次】甲状腺がん患者が東電を集団提訴/大震災・原発事故「復興予算」の全容/富岡町立ち入り規制緩和区域を行く BASEで購入する 甲状腺がん患者が東電を集団提訴 「県民に寄り添う」ことの意味を問う 大震災・原発事故「復興予算」の全容 大部分がインフラ整備と除染に消える 富岡町立ち入り規制緩和区域を行く 「居

  • 鏡田辰也アナウンサー「独立後も福島で喋り続ける」

     ラジオ福島の名物アナウンサー・鏡田辰也さん(58)が9月末で退社し、フリーアナウンサーとして独立した。大きな節目を迎えたタイミングで、アナウンサー人生と独立の理由について語ってもらった。  かがみだ・たつや 1964年2月生まれ。広島県出身。東洋大卒。1988年にラジオ福島入社。2002年にギャラクシー賞DJパーソナリティー賞受賞。TUF「ふくしまSHOW」にも出演。9月末、ラ

  • 政経東北【2022年12月号】

    【政経東北 目次】合併しなかった市町村のいま(国見町・桑折町編)/会津若松市巨額公金詐取事件の舞台裏/”恒三イズム”の継承者は誰だ BASEで購入する 合併しなかった市町村のいま(国見町・桑折町編) 政指標は良化、独自の「創造性」はイマイチ 会津若松市巨額公金詐取事件の舞台裏 専門知識を悪用した元職員 恒三イズム”の継承者

  • 政経東北2022年1月号

    政経東北【2022年1月号】

    【政経東北 目次】JAふくしま未来に大規模税務調査/「三万石」で今何が起きているのか/”住民ゼロ”双葉町復興まちづくりの虚妄 BASEで購入する JAふくしま未来に大規模税務調査 特定業者との癒着を疑われた数又組合長 「三万石」で今何が起きているのか 先代教訓に”守りの経営”に徹す

  • 田村市役所

    【第2弾】【田村市・贈収賄事件】積算ソフト会社の「カモ」にされた市と業者

      田村市で起きた一連の贈収賄事件。受託収賄・加重収賄の罪に問われている元職員は、市内の業者に公共工事に関する情報を漏らし、見返りに金品や接待を受けていた。本誌は先月号で、元職員が漏らした非公開の土木事業単価表が積算ソフト会社に流れたと見立てていたが、裁判では社名が明かされ仮説が裏付けられた。調べると、仙台市に本社があるこの会社は宮城県川崎町でも全く同じ手口で贈収賄事件を起こしていた。予定価格の

  • 【座談会】放射能を測り続ける人たち【福島第一原発事故】

    小豆川勝見(東大大学院助教)白髭幸雄(南相馬市在住)伊藤延由(飯舘村在住)山川剛史(東京新聞編集委員) 原発事故から11年経ったいまも、県内各地の空間線量を測り続け、データを記録している人たちがいる。彼らはどんな思いで測定し、現状をどのように捉えているのか。一般市民、専門家、記者など4人の測定者に語ってもらった。(※ミリシーベルト毎時は㍉、マイクロシーベルト毎時はマイクロと表