田村市の「いわくつき産業団地」が完売

田村市の〝いわくつき産業団地〟が完売

 道路舗装の大成ロテック(東京都新宿区)が田村市常葉町に整備中の東部産業団地(仮称)に進出する。3月31日、同社の西田義則社長と白石高司市長が基本協定を締結した。

 《民間企業として国内初の大型舗装実験走路を備えた研究施設を建設する。2023年度に着工し、24年度中の運用開始を目指す》《実験走路は1周約1・0㌔の楕円状で、トレーラーを自動運転させ、開発中のコンクリートやアスファルト舗装の耐久性などを調べる。トレーラーを監理する管理棟や車両の点検・整備を行うトラックヤードなども設ける》(福島民友4月1日付より)

 大成ロテックは同団地の二つある区画のうちA区画(約14・3㌶)に進出。残るB区画(約9・1㌶)には昨年10月、電子機器関連のヒメジ理化(兵庫県姫路市)が進出することが発表されているため、同団地はこれで完売したことになる。

 「これほど巨大な団地を、あんな辺ぴな場所につくって売れるのかと内心ヒヤヒヤしていました」

 と話すのは市役所関係者だ。

 同団地は県内でも数少ない大規模区画の企業用地を造成するため、本田仁一前市長時代に着工された。開発面積約42㌶で、事業費107億3800万円は福島再生加速化交付金と震災復興特別交付税から捻出されたが、設置場所については当初から疑問視する向きが多くあった。

 すなわち、同団地は田村市常葉町山根地区の国道288号沿いにあるが、①丘がいくつも連なっており、整地するには丘を削らなければならない、②大量の木を伐採しなければならない、という二つの大きな労力が要る場所だったのだ。

 なぜ、そのような場所が産業団地に選ばれたのか。当時、市は「復興の観点から浜通りと中通りの中間に当たる常葉町が最適と判断した」と説明したが、市民からは「常葉町は本田氏の地元。我田引水で選んだだけ」という不満が漏れていた。

 また設置場所だけでなく、造成工事を受注したのが本田氏の有力支持者である富士工業(と三和工業のJV)だったこと、整地前に行われた大量の木の伐採に本田氏の家族が経営する林業会社が関与していたことなども、同団地が歓迎されない要因になっていた。

 こうした疑惑を抱えた同団地の区画販売を、2021年の市長選で本田氏を破り初当選した前出・白石氏が引き継いだわけだが、区画が広すぎる、水の大量供給に不安がある、高速道路のICから距離がある等々の理由から販売に苦労するのではないかという見方が浮上していた。

 幸い、市の熱心な営業活動でヒメジ理化と大成ロテックの進出が決まり、これらの不安は一掃された形。とはいえ、解決しなければならない課題はまだ残っているのだという。

 「想定外の巨岩が地中に埋まっていて工事に時間がかかっている。岩は家1軒分よりも大きくて硬く、動かすのは不可能なため、壊して運び出すことになるようです」(前出・市役所関係者)

田村市の〝いわくつき産業団地〟が完売【敷地内に残された巨岩】
敷地内に残された巨岩

 実際、現地に行くと、国道288号からすぐ見える場所に、2階建ての住宅より大きな岩がむき出しで横たわっているのが分かる。これほどの巨岩を処理するのは確かに容易ではなさそう。

 ただ、市商工課によると「残る作業は舗装の一部や調整池の整備などで、これらを進めながら進出企業も必要な工事に着手する予定です」(担当者)と、巨岩の処理を行っても両社の操業スケジュールに影響は出ないとしている。

 疑惑にさいなまれた同団地の正常な稼働が待たれる。

関連記事

  1. 【北塩原村】ラビスパ裏磐梯廃止の裏事情

    【北塩原村】ラビスパ裏磐梯廃止の裏事情

  2. 【ヤマブン】相馬市の醤油醸造業者が殊勲【山形屋商店】

    【ヤマブン】相馬市の醤油醸造業者が殊勲

  3. 【会津若松】神明通り廃墟ビルが放置されるワケ

  4. 【吉田豊】終わらない【南相馬市】悪徳ブローカー問題

    【吉田豊】終わらない【南相馬市】悪徳ブローカー問題

  5. 福島国際研究教育機構の予定地

    【浪江町】国際研究教育機構への期待と不安

  6. 建設業者「越県・広域合併」の狙い【ファンド傘下になった小野中村と南会西部建設】

    建設業者「越県・広域合併」の狙い【小野中村】【南会西部建設】

  7. 【郡山】「うすい」からルイ・ヴィトン撤退の噂

    【郡山】「うすい」からルイ・ヴィトン撤退の噂

  8. 【二本松市】パワハラ部長「突然の退職劇」

    二本松市役所に蔓延する深刻なパワハラ

人気記事

  1. 政経東北【2024年6月号】
  2. 【福島市】メガソーラー事業者の素顔
  3. 丸峰観光ホテル社長の呆れた経営感覚【会津若松市】
  4. 【いわき市鹿島】エブリアを〝取得〟したつばめグループ
  5. 遅すぎた福島市メガソーラー抑制宣言
  6. 政経東北【2024年5月号】広告
  7. 丸峰観光ホテル社長の呆れた経営感覚【会津若松市】
  8. 吉野衆院議員「引退報道」の裏側

最近の記事

  1. 献上桃事件を起こした男の正体【加藤正夫】 【福島市飯坂献上桃詐取】警察を翻弄し続けたニセ東大教授
  2. 【西郷村】県立障害者支援施設の虐待【県けやき荘】 【西郷村】県立障害者支援施設の虐待【県けやき荘】
  3. 【衆院福島新3区最新情勢】未知の県南で奮闘する会津の与野党現職 【衆院福島新3区最新情勢】未知の県南で奮闘する会津の与野党現職
  4. 政経東北【2024年6月号】 政経東北【2024年6月号】
  5. 政経東北【2024年5月号】広告 政経東北【2024年5月号】
PAGE TOP